館長雇止め・バックラッシュ裁判の情報をお伝えします


by fightback2008

2007年 07月 28日 ( 3 )

ヌエック・男女共同参画のための研究と実践の交流推進フォーラムのお知らせです。
当局のHPからどうぞ。今年は8月31日~9月2日です。
http://www.nwec.jp/jp/program/invite/2007/page07i.html

私たちの税金で建てられた男女平等を進めるための施設です。時間のあるかた、申し込みして、全国レベルの女性たちの集りに参加しましょう。

さて、このヌエックは、1昨年、三井さんを講師にして非常勤問題のシンポジウムを企画した会を拒否したという事件を引き起こしています。係争中のものはヌエックの主旨にあわないという理由でした(笑)。http://fightback2.exblog.jp/9263043/

それを受けてか、昨年は、「裁判に関わっていてはいけない」などという条件がついたり、募集期間が短かったりと参加者激減現象がありました。
http://fightback2.exblog.jp/9257736/
http://fightback2.exblog.jp/9257794/

もともと夏季フォーラムは、「女性学・ジェンダー フォーラム」という呼称でした。ジェンダーという用語に自民党議員などからクレームがついてから、ヌエックは、上記の名称に変えました。中身まで変わらないようにしたいですね。参加する女たちの力で(^-^)。


ファイトバックの会Webチーム
[PR]
by fightback2008 | 2007-07-28 14:28 | 集会開催のお知らせ
b0159322_10351879.jpg昨年、東京で試写会があった映画が、8月、京都で上映されます。必見!

■ドキュメンタリー上映&監督トーク
映画『ガイサンシー(蓋山西)とその姉妹たち』上映と講演
 ~旧日本軍による戦時性暴力被害女性の現在を追う
 http://www.cine.co.jp/gaishanxi

「ガイサンシーって何のこと?」私はたずねた。
「ガイサンシーさえ知らないの? 彼女は日本軍に一番ひどい仕打ちを受けた人で、最初に日本軍のトーチカに連れて行かれた一人なのだから」。1995年、中国山西省における中国人女性に対する、日本軍の性暴力にせまる長い旅がこうして始まった。ガイサンシーと呼ばれた女性とその「姉妹」たちが、日本軍からうけた性暴力の事実と背景を、9年の歳月をかけて追う。

●日時:8月26日(日)
 上映:午後1時(13:00)/午後3時(15:00)/午後6時(18:00)
 班忠義監督のトーク:午後4時30分~午後5時30分

●会場:京都大学 文学部新館 第6講義室
     JR/近鉄 京都駅から市バスで約35分
      市バス206系統 「京大正門前」または「百万遍」下車 徒歩約5分
      市バス17系統 「百万遍」下車 徒歩約5分
     京阪/叡山電車「出町柳」駅から徒歩約15分
 
●参加費:前売り 1,000円/当日 一般 1,300円・学生 1,000円
●主催:旧日本軍性奴隷問題の解決を求める全国同時企画・京都実行委員会
    ピースムービーメント実行委員会
 共催:ドキュメンタリー・フィルム・ライブラリー
    女性国際戦犯法廷ハーグ判決を実現する会(ハーグの会)
●問い合わせ:TEL 090-8124-7752(浅井)
   E-mail:veinmx@gmail.com(キムラ)

●映画紹介『ガイサンシー(蓋山西)とその姉妹たち』
 (2007年/日本/80分/ビデオ/カラー)
  公式サイト:http://www.cine.co.jp/gaishanxi
[PR]
by fightback2008 | 2007-07-28 13:04 | 集会開催のお知らせ
入部香代子著『引き出しの中、ぜ~んぶ―香代子の車いすガッハハッハッ人生』出版記念
豊中市議会議員引退記念16年間ご苦労さんの集い

今日です! 7月28日(土)2時~4時
豊中市服部駅下車 障害福祉センター(ひまわり)3F


入部さんは、三井裁判結審の傍聴に来てくれた、車椅子の前豊中市議会議員です。三井さんがすてっぷ館長だったとき、オープニング前から協力関係を続けていました。

ファイトバックの会・呼びかけ人山田千秋さんが、このパーティ呼びかけ人のひとりとして実行委員会に入っています。

ファイトバックの会
[PR]
by fightback2008 | 2007-07-28 12:40 | 集会開催のお知らせ