館長雇止め・バックラッシュ裁判の情報をお伝えします


by fightback2008
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

大峰山に登ろう!

大峰山に登ろう!
世界遺産にも登録された「大峰山」に、みんなで登りませんか。ただ、困ったことにこの「大峰山」は「女人禁制」となっています。この「女人」っていったいどういう基準なのでしょう。そしてなぜ「女人禁制」なのでしょう。その他にもわからないことがたくさん。そこで実際に「大峰山」に登って、質問状をお渡ししようと思います。一緒に楽しく「大峰山」に登って下さる参加者の方を募集いたします。なお、個人の性自認、性指向、戸籍上の性別、肉体上の性別はとくに問いません。あわせて、この登山の賛同人になっていただける方を募集します。

登山の予定
集合日時:11月3日(祝) 09:20  (雨天順延 11月6日)
集合場所:洞川温泉 バス停 (当日はメディアの方にもきていただく予定)
連絡先:「大峰山」に登ろう実行委員会

呼びかけ人 伊田広行 桂睦子 柴谷洋子 森なお 森村さやか
ominesan_tozan@sakai.zaq.ne.jp
賛同人になっていただける方は、上記メールアドレスに、以下の様式を使ってお名前を送ってください。

☆  ☆  ☆

大峰山に多様な性的アイデンティティの人が登ってみるというプロジェクトに賛同します
お名前 : 
肩書き(なくても可能):
公表 可能  不可  (どちらか選んでください)

☆  ☆  ☆

「大峰山」は今でも「女人禁制」です。そこで、05年11月3日に、トランスジェンダーの人たちなど、多様な性的アイデンティティを持っている人がいったらどうなるだろうかということになり、登山してみることになりました。その際、「大峰山」関係者の方々と話し合いを持ちたいと考え、質問書を作ってみました。

質問書
1 「大峰山」に女性が入山してはいけない理由をお聞かせください。「伝統である」という場合の、その伝統が作られた理由(なぜ「女人禁制」にしたか)を教えてください。文書があれば、それも教えてください。
2 戸籍上で男性から女性に性を転換した人は、入山してもいいですか?
3 戸籍上で女性から男性に性を転換した人は、入山してもいいですか?
4 身体は男性ですが、自分の性の意識(性自認)が女性の人は、入山してもいいですか?
5 身体は女性ですが、自分の性の意識(性自認)が男性の人は、入山してもいいですか?
6 戸籍上は男性ですが、手術などによって身体は女性になっている人は、入山してもいいですか?
7 戸籍上は女性ですが、手術などによって身体は男性になっている人は、入山してもいいですか?
8 戸籍上は男性ですが、服装・髪型などの外見が女性的である人は、入山してもいいですか? 歌舞伎の女形が女装している場合には入山が許されますか?
9 戸籍上は女性ですが、服装・髪型などの外見が男性的である人は、入山してもいいですか? 宝塚の男役が男装している場合には入山が許されますか?
10 男性同性愛の人は、入山してもいいですか?女性同性愛の人は、入山してもいいですか? 
11 修行者・僧侶が性を転換したものであるとか、同性愛者であると明確になった場合、どのような対応をされますか?

・・・以下、31まで続く。
詳細は、イダヒロユキHP http://www.tcn.zaq.ne.jp/akckd603/
大峰山「女人禁制」についての参考文献: 『「女人禁制」Q&A』 (源淳子編著、解放出版社)
[PR]
by fightback2008 | 2005-10-21 21:56 | 集会開催のお知らせ