館長雇止め・バックラッシュ裁判の情報をお伝えします


by fightback2008
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

安倍首相訪米と従軍慰安婦問題

安倍首相が、訪米しました。日米のテーマのひとつは、どうあがいても従軍慰安婦問題。従軍慰安婦に日本政府の強制はなかったとして世界の顰蹙をかい、反女性的と押された安倍政権への烙印を和らげるためでしょうか、ミセスを伴っての訪米です。しかし、アメリカでは、これを機に、安倍政権の誤った歴史認識に対して、憤激の嵐が起こっています。ニューヨークタイムズの記事の和訳を紹介します。
http://www.chosunonline.com/article/20070427000004 リンク切れ

また日本の英字新聞Japan Timesには以下のような衝撃的報道がされています。

【78歳のYoung Soo Leeは1943年に韓国で日本兵に拉致されて、台湾で3年間軍用基地内で性の仕事を強制された。彼女は過去15年間を費やして、韓国と海外で、日本政府の「慰安婦」の扱いについて抗議してきた。

Leeはこの集会の100人ほどのデモ参加者に向かって、日本政府は戦争中の行動について「真の悔恨の態度をまったくとらなかった」と述べた。「日本政府には、私のところに来て明白な謝罪の言葉を述べ、私の前に跪いて戦争犯罪を犯したことを詫びてもらいたい」と、「慰安婦問題ワシントン連合」のOk Cha Sohの通訳で訴えた。

Leeは日本兵が夜家にやって来て彼女を連れ出したこと、そして売春宿にいた間電線を使って彼女を殴打し、拷問した時の模様を語った。「私は今でも、こうして受けた体の傷害に悩んでいる」と述べた。Leeは、下院に提出された戦時中軍が経営する売春宿で女性を強制して働かせたことを公式に認めて謝罪するよう日本政府に強く迫る決議案を支持する、と述べた。】
全文を読むには
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nn20070428a4.html

http://transnews.exblog.jp/5265099/
も注目すべき報道を知らせています。すなわち、ワシントン慰安婦対策委員会など3団体は、26日安倍首相の訪米にあわせ、ワシントンポストの6 面に「慰安婦に関する真実 The truth about "COMFORT WOMEN"」という表題の全面広告を載せ、日帝時代 に20万名の女性が日本政府によって性的奴隷として動員されたという事実を広報しました。

こちらは「従軍慰安婦に強制があった」という安倍首相の言質を引き出した記事の紹介です。http://d.hatena.ne.jp/yamaki622/ プライベート設定に

ファイトバックの会Webチーム
[PR]
by fightback2008 | 2007-04-28 20:32 | バックラッシュ関係