館長雇止め・バックラッシュ裁判の情報をお伝えします


by fightback2008
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

京都、女性府議9.7%で全国10位

2007年4月統一地方選における京都府の女性議員について報告します。ファイトバックの会Webチームによる計算によると、今回改選があった道府県における全国女性県議ランキングは、①長野、②滋賀、③奈良、④鳥取、⑤兵庫、⑥山梨、⑦岩手、⑧福島、⑨神奈川、⑩京都。京都はかろうじて10位に滑り込みました。

◆京都府議選 定数62 女性議員6 比率9.7%

府議選は京田辺市・綴喜郡選挙区で1増、京丹後市選挙区で1減の定数是正が行われました。無投票となった北区(定数3)を除く24選挙区で59議席を争いました。結果、女性議員6人が当選し、全議員62人中、9.7%です。以下、全議員の政党別人数です。(  )は女性。


自民 24 (1)
民主 14 (1)
共産 11 (3)
公明  6 (1)
新政会 2 (0)
社民  0
無所属 8 (0)

女性立候補者 14人。当選6人 落選8人
女性議員当選者/北岡千はる(民 現)西脇 郁子(共産 現)山内 佳子(共産 現)諸岡 美津(公明 新)上原裕見子(共産 新)渡辺 邦子(自民 現)  6人

落選者/島田 敬子(共産 現)松井 陽子(無 新)堀 久仁子(共産 新)小塩 早苗(無 新)山田千枝子(共産 新)皆川 朋枝(共産 新)塩見友規子(共産 新)山田 清子(共産 新)  8人

府議会の女性議員当選者はすべて京都市内。女性議員が立候補した選挙区は福知山市、亀岡市、長岡京市・乙訓、 京田辺・綴喜、木津川・相楽です。

京都は他県に比べ、比較的共産党が強い地域です。それでも第3党ですが。共産党は新人立候補に女性を立て、女性票を獲得してきた結果が共産党内の女性当選につながったと考えます。結果として京都府女性府議6人となりました。民主党はクオータ制を取り入れ女性議員枠を増やす政策が欲しいものです。ちなみに民主党の前代表の前原誠司国会議員は改憲派と自称しています。また、無所属で女性はゼロですが、県レベルでの無所属女性候補の当選のむずかしさを表していると思います。

ふじ みつこ(京都市市民)
[PR]
by fightback2008 | 2007-04-19 09:19 | 政治・選挙とジェンダー平等