館長雇止め・バックラッシュ裁判の情報をお伝えします


by fightback2008
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

次回は7月3日(月)10時15分~

次回の証人尋問 
■7月3日(月) 10:15~16:30
■大阪地裁 809号法廷へ

■午前 武井順子氏(元豊中市人権文化部男女共同参画課長)
 主尋問(被告側から45分)、反対尋問(原告側から45分)

■午後 山本瑞枝氏(元すてっぷ事務局長)
主尋問(被告側から90分)、反対尋問(原告側から90分)

■傍聴券発行 詳しい事は大阪地裁傍聴券交付情報ご覧ください。
http://www.courts.go.jp/search/jbsp0010?crtName=146

時間と場所が提示されます。傍聴券20枚は原告側に割り当てられています。残りは、裁判公開の原則から、傍聴券が発行されます。また、傍聴券は参加希望者が多いと抽選になります。支援者の皆さん、この抽選所に大勢並んでください。

■三井マリ子さんが訴えている「館長雇止め・バックラッシュ裁判」の2度目の証人尋問です。午前は豊中市の元人権文化部女性政策課長武井順子氏、午後はすてっぷの元事務局長山本瑞枝氏の出廷です。「嘘はつきません」と宣誓をして、尋問に答えます。全国公募をして大勢の候補者から三井さんを初代館長に選んだ豊中市。毎年、三井さんの雇用契約を自然に更新してきた豊中市。なのに突然、三井さんの契約を打ち切り、寝屋川市で働いていた職員を辞めさせてまで、館長に引っ張ってきた豊中市。三井さんばかりか、労働組合や評議員にまで嘘をついて三井はずしを画策した豊中市。その経緯を、証人はどう答えるのでしょう。その声と表情を自分の目と耳でしっかり見届けましょう。女たちの未来のために!

チラシはこちら。インターネットをしてない方に印刷して配布してください。
http://fightback.fem.jp/06-7-3jinmon.pdf
[PR]
by fightback2008 | 2006-05-23 22:50 | 裁判情報