館長雇止め・バックラッシュ裁判の情報をお伝えします


by fightback2008
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

全国フェミニスト議員連盟「夏合宿in秋田」に参加

■全国フェミニスト議員連盟「夏合宿in秋田」に参加
  “その後の福祉のまち鷹巣”で女性議員たちは政治を語る■

秋田県能代市議会議員信太和子さんが批評を載せています。冒頭だけ紹介します。

「秋田県の女性議員は市議会議員が24名、町村議会議員は10名で、計34名である。全議員数が590名であるから割合は5.8%である。合併選挙を経て、女性議員数は4割もの激減であり、女性議員率も低下した。また、政党に属する女性議員の割合がおおきくなり、無所属市民派の女性議員が少なくなった。この現象は全国的なものである。私のような無所属市民派女性議員はレッドデータに載りそうな希少品種になりつつある。(後略)」

b0159322_0223014.jpg

シンポジウム。壇上左から、三井、松橋、小田、佐藤、瀬野、石崎(敬称略)。

全文は信太和子さんのHPを(信太さんはファイトバックの会呼びかけ人)
http://www.noshironet.jp/Rondan/Ron2007/rondan.htm

ファイトバックの会Webチーム
[PR]
by fightback2008 | 2007-07-16 09:24 | 政治・選挙とジェンダー平等