館長雇止め・バックラッシュ裁判の情報をお伝えします


by fightback2008
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

記録映画「日独裁判官物語」を見に行きませんか

話題の記録映画「日独裁判官物語」が、23日京都で上映されます。
監督/製作/脚本は片桐直樹さん。戦争追及作品を撮り続けてきました。ファイトバックの会のみなさんと似たようなスピリットを持つ73歳の"過激な青年"。
映画の案内http://www.cdist.co.jp/film/020001/

ドイツにできて日本にできないのは?
日本とドイツー戦争、敗戦、焦土からの復興、国際社会における役割、真面目な国民性。似ているといわれる両国ですが、戦後処理、環境汚染への対応では「ドイツにできたことが、なぜ日本にできないのか」と、言われてきました。そしていま、「司法のあり方」にもその言葉が向けられたのです。 この記録映画『日独裁判官物語』は、日本とドイツの裁判官の日常を比較することによって、現在の日本の司法の問題点-裁判官の市民的権利の問題、司法の行政・立法からの独立など-を的確に浮かび上がらせようとします。

● 日時:6月23日(土) 午後6時45分上映(開場6:30)
● 会場:ひと・まち交流館京都 第4・5会議室
  http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html
● 参加費:500円                       
● 主催:ピースムービーメント実行委員会 連絡先 090-2359-9278(松本)

ファイトバックの会Webチーム
[PR]
by fightback2008 | 2007-06-10 13:51 | 集会開催のお知らせ