館長雇止め・バックラッシュ裁判の情報をお伝えします


by fightback2008
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

千葉県市川市議会の条例案討論録画

市川市議会で可決成立した、バックラッシュ条例。その議決にいたるまでの本議会での討論が録画されています。
http://www.city.ichikawa.chiba.jp/gikai/broadcast.htm

12月6日、午前、午後分1「発議第15号」です。若い男性・高橋亮平議員の元気な反対討論はすっきり整理されています。また、周りの人たちの現実の生活や日常会話から新条例案の矛盾をついた石崎たかよ議員の反対討論は見事です。ぜひ聞いてください。(午後分1のカウンターナンバー10209ー13030)。

一方、新条例案を出した議員の賛成討論は、自民党のプロジェクトチームの結果をもとに、「ジェンダーフリー思想」「過激な性教育」などと借り物の表現をちりばめただけでした。中でも松本こうじ議員の「日本固有の文化伝統の継承」を強調して教育基本法改正と関連づけた発言、加藤たけお議員の「母性の尊重」「男女の特性に応じ」「母性の尊い役割」などととの繰り返しは、戦前戦中の国家主義そのものでした。

残念ながら、後者の人たちが出した条例案が、通ってしまったのです。以下は、新条例です。

■「男女が性別に関わりなく」→ 削除

■「男女平等社会の実現の障害となる性別役割分業意識がいまだ根強く」→ 削除

■「男女の実質的な平等を実現するため、それを阻んでいる要因を取り除き」→ 削除

■「積極的格差是正措置(ポジティブ・アクション)・・・」→ 削除

■「性別により直接的又は間接的に差別されることなく、その人権が尊重される社会」→ 「男らしさ、女らしさを否定することなく、互いにその特性を認め合い尊厳を重んじる社会」

■「『男は仕事・女は家庭』という固定的性別役割分業意識に縛られることなく、家事、子育て、介護等の家庭の営みに家族全員が関わり、その責任を共に分かち合える家庭」→ 「専業主婦を否定することなく、現実に家庭を支えている主婦を、家族が互いに協力し、支援する家庭」

ファイトバックの会Webチーム
[PR]
by fightback2008 | 2006-12-07 01:01 | バックラッシュ関係