館長雇止め・バックラッシュ裁判の情報をお伝えします


by fightback2008
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

次回法廷は3月15日。証人決定の日。傍聴予定を!

次回法廷は3月15日。証人決定の日。傍聴予定を!

 次回は3月15日です。ぜひぜひ傍聴を予定しておいてください。この日、証人が決まります。
 館長雇止め・バックラッシュ裁判は、「バックラッシュ」と「非常勤不当雇止め」の2大問題と闘っている訴訟です。女性の歴史上、非常に重要な裁判です。
 被告がバックラッシュ勢力の政治的圧力に屈して三井さんを解雇した事を明らかにするには一色市長に、非常勤だからと三井館長を解雇した不当性を明らかにするには現館長の桂さんに、証人として出てもらわなければなりません。この二人は不可欠な証人なのです。
 しかし、被告は、裁判所に意見書を出して、両名を証人に出すことを阻もうとしているということです。裁判官も、ジェンダー問題にあまり理解がなく、これに同調しそうな雲行きだと聞いています。これでは、日本女性の今後を左右する重要な裁判の争点がそらされてしまいます。また、原告の三井さんにとっても不利です。
 前回12月26日の法廷では、寺沢勝子弁護士、島尾恵理弁護士は、一色市長と桂館長を証人に出すように裁判官に再度、訴えていました。その結果、現在、二人は保留となっています。
 3月15日、決定する証人に、一色市長と桂館長が含まれないなどということは絶対認められません。わたしたちに何ができるか、是非、支援者の皆さんのアイデアを聞かせてください。

 アイデアはこちらへ fightback@hh.fem.jp
 3月15日傍聴の詳細はこちらを http://fightback.fem.jp/3_15botyo.html


ファイトバックの会
[PR]
by fightback2008 | 2006-01-13 13:49 | 裁判情報2006