館長雇止め・バックラッシュ裁判の情報をお伝えします


by fightback2008
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

大阪高裁、働く者の見方の判決

松下電器子会社の偽装請負、直接雇用成立を認定(朝日コム 2008年04月25日16時10分)

25日、違法な偽装請負の状態で働かされていた男性について、大阪高裁が、当初から両者間に雇用契約が成立しているとして、解雇時点にさかのぼって賃金を支払うよう就労先の会社に命じる判決を言い渡したそうです。この会社は松下電器の子会社で茨木市にあります。全文は、以下
http://www.asahi.com/national/update/0425/OSK200804250070.html

大阪高裁からのうれしい判決です。また、労働法の専門家、脇田滋さん(龍谷大学教授)のコメントが朝日新聞には大きく報道されています。脇田さんは、館長雇止め・バックラッシュ裁判の鑑定を担当しておられる方です。

ファイトバックの会Webチーム
[PR]
by fightback2008 | 2008-04-26 21:11 | マスコミ・ミニコミ報道