館長雇止め・バックラッシュ裁判の情報をお伝えします


by fightback2008
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2008年 03月 ( 65 )   > この月の画像一覧

松山市の男女共同参画推進センターの図書室から、ジェンダー、ジェンダーフリーなどを含む図書が撤去された件について、ブログに載っています。

これに市民が、条例に反するので元にもどしてほしいと市の「苦情・相談」に申出をしたそうです。それに対して市長から回答があったことが、伊田広行さんブログに載っています。

以下がその珍回答です。苦情処理等結果通知書とされています。
【申出の趣旨について、松山市男女共同参画推進センターに問い合わせたところ、松山市男女共同参画推進条例及び松山市男女共同参画推進プラン(現在は松山市男女共同参画基本計画)の中に「ジェンダー・フリー」という用語が使用されていないことから、平成15年12月の棚卸しの際、タイトルに「ジェンダー・フリー」を含む書籍の閲覧を中止したとの報告を受けました。
松山市男女共同参画推進財団では、条例及び施設の設置目的に沿って事業計画を立案し、各種事業を実施しており、資料の整備及び活用方法については財団の裁量に委ねられております。 なお、この件については、財団に申し伝えております。】

伊田さんが指摘しているように、ジェンダーフリーという用語が使われていないから、その言葉を含む図書を中止した、という説明はおかしいです。

また松山市が関与し、決定し、センターにそうさせたことは明々白々なのに、まるでひとごとのように取り繕っています。おかしいと指摘されることを予想してか、松山市行政幹部が実行したのに第三者(財団)になすりつけてしまったことを、るる弁解しています。図書の選択は財団でやっていることで、市は関係ない、と言うのです。

財団は民間の独立した法人ですから、本来であれば主体的に仕事ができるはずです。しかし、実態は違います。豊中市のすてっぷ(財団)の裁判過程で、はっきり示されたように、館長の首切りから、次期館長候補者リスト作成・打診・決定に到るまで、すべて、市が主導してやってきています。そして、こうした行政の行動の背後に、男女平等推進を嫌う議会勢力ーーバックラッシュ勢力ーーがいるのです。

松山市の男女共同参画推進センター図書撤去問題で、あらため「バックラッシュ攻撃の執拗さ、その広がりに驚いた人が多いことでしょう。

ファイトバックの会Webチーム
[PR]
by fightback2008 | 2008-03-31 20:37 | バックラッシュ関係
小学校の学習指導要領、異例の修正 「愛国心」など追加。
朝日の2008年03月28日付ニュースです。http://www.asahi.com/edu/news/TKY200803270419.html

小中学校の改訂学習指導要領は、改訂案とほぼ同じ内容になることが通例です。ところが、今回、文部省は、総則に「我が国と郷土を愛し」を入れ、君が代を「歌えるよう指導」と明記するなど変えました。2月の改訂案公表後、意見を公募したところ、保守系の国会議員らからの要望や、保守的意見がドーンと届いたことなどから、文科省が異例の修正に踏み切ったそうです。

ますます、良心的な現場の先生たちが苦しみますね。そして、子どもたちが・・・。とにかく、この決定の裏に議員やその支援団体によるバックラッシュ勢力の組織的な動きが見えます。

ファイトバックの会Webチーム
[PR]
by fightback2008 | 2008-03-31 16:47 | バックラッシュ関係
三井さんの弁護団の一人宮地光子弁護士は、この裁判をこう位置づけています。「格差社会を支える日本的雇用の根幹である有期契約と採用拒否と闘う裁判」。

宮地弁護士の熱いハートと冷静な法理論に、あなたも一緒に触れませんか。4月5日、岡町にある豊中市・福祉会館にて。午後2時です。詳しくは集会案内

ファイトバックの会Webチーム
[PR]
by fightback2008 | 2008-03-31 10:45 | 集会開催のお知らせ
ファイトバックの会のみなさん、廃止阻止の運動していた大阪府立の女性センター「ドーンセンター」が残るようです。まだ確定ではありませんが、WWNから第1報がはいりました。本当なら女性たちの運動の成果です。最高にうれしいですね。

ファイトバックの会Webチーム
[PR]
by fightback2008 | 2008-03-31 07:42 | マスコミ・ミニコミ報道
みなさん、朝日新聞に載った4月13日名古屋での三井裁判報告会の記事が、主催者のお一人吉川冨士子さんから届きました。小さい記事ですが、これをきっかけに「13日の会に行ってみようかな」と思う人が一人でも多くなるとうれしいですね。

■情報クリップ【2008年3月28日(金)朝日新聞より】
●館長雇止めバックラッシュ裁判報告会 4月13日午後1時半~ 4時、名古屋市中区千代田5丁目のつながれっとNAGOYA特別セミ ナールーム。大阪府豊中市の「とよなか男女共同参画推進センターす てっぷ」の元非常勤館長、三井マリ子さんが雇用契約打ち切りは不当だ と訴えた裁判を紹介し、男女平等を阻む動きを考える。連絡先は吉川さん(052・831・1666)。

ファイトバックの会Webチーム
[PR]
by fightback2008 | 2008-03-30 18:05 | マスコミ・ミニコミ報道
来週土曜日は、すてっぷ裁判を考える豊中市民の会が催す、館長雇止め・バックラッシュ裁判を勉強する会です。

いつも働く女性たちのために命を削ってがんばっておられる宮地光子弁護士が、お話をしてくださいます。もちろん、控訴人三井マリ子さん(すてっぷ初代館長)も東京から出席します。この裁判は何を訴えているのか、なぜ豊中市は真実を隠しているのか、不当判決の誤り、判決も認めた豊中市のとんでもない行状、控訴審への主張・・・。

4月5日の福祉会館での集会に、できるだけ多くの市民が参集してくださることを願っています。

ファイトバックの会
[PR]
by fightback2008 | 2008-03-29 09:39 | 集会開催のお知らせ
昨日、28日、朝日新聞のお知らせ欄に、4月13日の名古屋での裁判報告会について掲載されたそうです。ひとりでも多くの方の目にとまり、参加者が増えるといいですね。

ファイトバックの会Webチーム
[PR]
by fightback2008 | 2008-03-29 09:32 | マスコミ・ミニコミ報道

大江・岩波訴訟、勝訴!

■朝日新聞http://www.asahi.com/national/update/0328/OSK200803280051.html

軍関与を司法明言 元隊長、悔しい表情 沖縄ノート判決。集団自決は、旧日本軍が深く関与した――。岩波新書「沖縄ノート」の表現について、3月28日大阪地裁は、沖縄・渡嘉敷島の島民らの悲惨な集団自決の背景に軍の存在があったことを明確に認める判決を下しました。

「軍と国の教育を背景に軍の強制があり、悲劇が引き起こされたと考えている。私の書物が主張していることをよく読み取ってもらえた」と、大江健三郎さんは判決を評価したそうです。

■東京新聞 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008032890140340.html

大江健三郎さん出版を差し止める訴訟。集団自決『一つの結論』 大江さん 『戦争拒む精神訴える』 。軍は集団自決に関与した-。ノーベル賞作家・大江健三郎さんらの著作の記述が焦点になった沖縄集団自決訴訟。教科書検定にまで影響した史実論争に、大阪地裁は28日、一つの結論を出しました。

この訴訟の背景には、2003年の有事法制、2005年の提訴、2007年の教科書検定意見での「軍の強制」削除の三つの動きがあるとされています。

女性は家にいて「いい子どもをつくってください」(北川悟司議員ー当時)と母性を押し付ける動きと、本裁判原告側の戦争を肯定する動きは、同根です。その意味でも大阪地裁の判決を歓迎します。

ファイトバックの会Webチーム
[PR]
by fightback2008 | 2008-03-28 21:35 | バックラッシュ関係
公正な判決を求める要請書」に署名のお願い 目標2万筆!!!

東京地裁に対して以下の内容の要請書を提出することになりました。
1 東京都、東京都教育委員会、3人の都議会議員、産経新聞社による教育介入が違法・不当であることを憲法・1947年教育基本法(事件当時の法律)に照らし明らかにしてください。
2 東京都教育委員会による教材・授業記録ビデオの強制的持ち去りが違法・不当であることを明らかにし,学校への返還を実現してください。
3 原告の名誉を損なう産経新聞の記事について、謝罪記事の掲載を命じてください。

上記趣旨をご理解いただき、ご賛同下さる方の署名をお願いしています。

要請書及び署名用紙は以下をダウンロードしてお使い下さい。http://kokokara.org/pdf/shoko/Signature.pdf(PDFファイルなので下記リンクをクリックして展開されたファイルを印刷していただくか、下記リンクを「右クリック」して「対象をファイルに保存」を選んでいただくとダウンロードできます。)

「こころとからだの学習」裁判の公正な判決を求める要請書

4月末を第1次締め切りとして2万筆を目指しています。
たくさんの皆様のご賛同、ご署名をお願します。

署名集約先:「こころとからだの学習」裁判支援全国連絡会
〒191-0011
東京都日野市日野本町3-14-18谷井ビル 日野市民法律事務所
  tel 042-587-3590
〒104-0031
東京都中央区京橋2-6-13イーストビル 児玉法律事務所
  fax 03-3535-2755

このお願いの詳細は、http://kokokara.org/newest.html
[PR]
by fightback2008 | 2008-03-27 15:21 | バックラッシュ関係
3月25日、すてっぷ裁判を考える豊中市民の会有志は、午後6時から7時前まで豊中駅前ひろばでチラシ500枚を配布しました。

中には無視する人もいましたが、半数以上が受け取ってくれたと思います。熱心に読んでいる人もありました。話しかけてきて「行政がこんなことをしてはいかんよ!」と自分も他市で裁判(団体で)をしているという男性もいました。反応は良かったと思います。

4月5日の福祉会館での集会に、できるだけ多くの市民が参集してくださることを願っています。

小西 百合子(ファイトバックの会)
[PR]
by fightback2008 | 2008-03-27 14:24 | ファイトバックの会の活動