館長雇止め・バックラッシュ裁判の情報をお伝えします


by fightback2008
カレンダー

<   2007年 11月 ( 61 )   > この月の画像一覧

8日は、働く女性のために骨身を削って闘う宮地光子弁護士の講演です。

宮地弁護士は、これまでも法廷後の交流会で、解説をしてくださいましたが、今回は、じっくりと、この裁判の意義、判決のおかしさ、控訴の争点などをお話してくださいます。日本でもっとも忙しい弁護士のお一人・宮地弁護士のお話をこれだけじっくり聞けるチャンスはめったにありません。http://www.josei-law.com/

ファイトバックの会の皆さん、働く女性の皆さん、日本の格差に怒っている皆さん、万障おくりあわせのうえ、お越しください。「来なきゃ損!」です。

2部は、ファイトバックの会代表の上田美江さんがリードする、パワフルなファイトバック舞台。ギタリスト阿部ひろえさんが、京都から友情出演します。

ファイトバックの会
[PR]
by fightback2008 | 2007-11-30 16:52 | 集会開催のお知らせ
千里タイムズ 2007年11月30日号に天高くデモの記事が掲載されました。
豊中すてっぷ雇い止め裁判 
   不当判決に抗議
      三井マリ子さんら地裁前でデモ

b0159322_3234087.jpg



マスコミ・ミニコミ情報から記事を読むには
http://fightback.fem.jp/mini_senri_demo07_11_18.html

ファイトバックの会
[PR]
by fightback2008 | 2007-11-29 22:48 | マスコミ・ミニコミ報道
三井マリ子さんを囲んで 
大阪府豊中市男女共同参画センター“すてっぷ”で何があったのか?
第一審の判決を受けて

12月4日2時から。藤沢駅からすぐの所で。詳しくはこちら
http://fightback.fem.jp/flyer-07_12_4_fujisawa.html

お近くの方、ぜひ参加をよろしく!

主 催:三井マリ子を支援する藤沢の会
[PR]
by fightback2008 | 2007-11-28 21:43 | 集会開催のお知らせ
12月8日は、いよいよ宮地光子弁護士がお話しをしてくださいます。第1審は、豊中市の嘘と不正を認めました。にも関わらず、首切りは「違法とまでは言えない」と棄却したのです。非常勤職の雇止め、豊中市の嘘・不正の背後にあるバックラッシュという2大テーマを扱う訴訟は高裁に移ります。控訴審に向けて、どう闘ったらいいのか。支援者としてできることは何か。女性に優しく、権力の悪に厳しい宮地弁護士の報告です。

b0159322_325589.jpg


ドーンセンター 〒540-0008 大阪市中央区大手前1-3-49
http://www.dawncenter.or.jp 

宮地光子弁護士
1979年に弁護士登録。大阪弁護士会に所属。2002年女性共同法律事務所を設立。塩野義製薬・住友生命・住友電工・住友化学・住友金属・シャープ・商工中金・京ガスなどの男女賃金差別是正裁判を担当。著書:『平等への女たちの挑戦—均等法時代と女性の働く権利』(明石書店)、『男女賃金差別裁判「公序良俗」に負けなかった女たち』監修。(明石書店)
http://www.josei-law.com/

三井マリ子控訴人
都立高校教員、東京都議会議員2期などを経、全国公募による豊中市の男女共同参画推進センターの館長に。都議時代、日本初の公的セクハラ窓口を都に設置し全国に影響を与える。全国フェミニスト議員連盟を創設し、初代代表。著書『セクハラ110番』(集英社)、『ママは大臣パパ育児』(明石書店)、『男を消せ!——ノルウェーを変えた女のクーデター』(毎日新聞社)他。雇用継続拒否をした豊中市を提訴し、非常勤差別とバックラッシュ問題に一石を投じる

主 催:館長雇止め・バックラッシュ裁判を支援する会
連絡先:〒530-0047 大阪市北区西天満2-3-16 絹笠ビル1F
大野協同法律事務所内
    Tel 06-6365-5215  Fax 06-6365-5555
[PR]
by fightback2008 | 2007-11-27 17:15 | 集会開催のお知らせ
11月26日は国連が定めた女性への暴力撤廃の日。強姦、セクハラ、性器切除、DV、名誉殺人、強制売春など、地球上の女性3人に1人が暴力を受けています。

絶対防げると信じ、各国で政治を動かしていこう!---この意思で、国連は、今年、下のサイトで世界中から署名を集めています。
http://www.saynotoviolence.org/

この26日、函館市では、23歳の会社員・無量林智子さんが男性から殺害されるという事件が発生。智子さんを刺殺したのは元同級生。彼のストーカー行為に悩み、周囲に相談していたということです。防げなかったのはなぜ? 智子さんの話に真剣に耳を傾け、対応していたなら悲劇を防げたかもしれません。「女性のぐち」と無視したり、軽く聞き流したりする傾向がまだ残っているのではないでしょうか。女性の心の叫びに耳を傾けることが何よりも求められます。

ファイトバックの会Webチーム
[PR]
by fightback2008 | 2007-11-27 15:28
皆さま

天高く怒り燃ゆるデモに、多数の方々にご参加をいただき有難うございました。皆さんのおかげでデモ行進は最大の効果をもたらして終わることができました。

街ゆく人の反応もよく、チラシも積極的に受け取っていただけ、デモ行進への好意的な声援を受けました。デモに参加した人のそれそれが自分らしく表現して、すばらしいパホーマンスでした。

デモに参加の皆さん、ベビーカーあり、車いすでの参加あり、遠方から参加の皆さんありがとうございました。本当にお疲れさまでした。デモでエンパワーメントできました。この力を今後に繋げましょう!!

また、地裁への抗議ハガキ、一枚一枚お書き頂きありがとうございました。デモの後、怒り燃ゆる想いで216通、裁判所へ皆さんと一緒に届けましたことをご報告をさせていただきます。ご協力いただきました皆さんには感謝とお礼を申し上げます。

上田 美江(ファイトバックの会代表)
[PR]
by fightback2008 | 2007-11-27 00:17 | ファイトバックの会の活動
9月12日、大阪地裁から出された「不当判決」の投稿を読みました。原告のあなたや支援者のみなさんが深く失望し、激しく怒っておられますが、私もまったく同じ思いです。しかし、恐らくは予測されたであろうこの判決結果に落胆ばかりしていないで、新しいゴールを設定して達成に向かって進んでいると思います。

不幸な判決になってしまいましたが、あなたがたのこの数年間は、男女平等を求める日本の女性たちの闘争史に、きわめて重要な成果をもたらしました。インフォーマルでゆるやかな編み物、それでいて、高い使命感と献身力あふれた草の根の活動家たちによる驚くほど広範囲で頑丈なネットワークを誕生させたのです。

新しいゴールがどのようなものであろうと、友人や支援者たち、とりわけ弁護団のみなさまとの支えあいや協力関係は、日本いや世界における、男女平等や社会的平等と正義の達成に向けての政治的文化的運動に向かって、言葉には言い表せないほど貴重な財産となったと確信しています。

あなたは、敗戦の痛手から立ち直り、さらに大きな戦場における完全勝利に向かって、一歩進み始めたと思っています。その闘い、より重要な大きな闘いにおける情報を心からお待ちしています。

福井 治弘(カリフォルニア大学サンタバーバラ校名誉教授、元広島平和研究所所長)

【原文は英語】
[PR]
by fightback2008 | 2007-11-26 20:44 | 応援メッセージ
今日(11月16日)は集合地に着くなりお面を付けさせてもらって(イタリアの「ロミオとジュリエット」の劇に出てくるものだそうです) 、まああ面白い! これで旗持って結構ハデに前列の方まで出させてもらったりして、なにか陽気なハロウインのような、イタリア的妖しさのようなものまでついつい感じちゃう、といった気分。晩秋の大阪のオフィス街を盛り上がってねり歩けて良かったです。

振り向くと、これが結構な人数の人がずらりとあとに。皆さん思い思いのゼッケンと格好をされています。本日のデモのイメージとしては、そうですね、私の好きなあのチラシのイラストのかんじと本当にぴったりとよく似ているんですよね。マイクと呼応
して言いたいことは外に向かってどんどんエコーしつつ、歌も歌うのは気持ちが良く、これからもやろうよ、と元気をもらいました。

20年以上前からの友だちの阿部ひろ江さんとも彼女の京都のスペースになかなか行けなかったのがばったり今日お会いできたのがうれしかったです。(彼女は80年代のあごら京都の仲間)。

阿部さんが専門のギターで伴奏をつけ、それに乗ってMASAさんがサックスで「女はみんな生きている~♪」(ぼくらはみんな生きている~のメロディ)をふわっっと上質な音色で吹かれるので、音楽を聴きながら歩きながら歌うというのも気持ちがいいも
のだなあと思いました。

皆が色取りどりで元気にやっているものだから道行く人々も、「え?」と、よく振り返っていましb0159322_254270.jpgた。成功成功、です。

この裁判、やはり勝ちましょう!
三井さん、お世話の皆様、よいデモ企画をありがとうございました。

11月16日記

村井 恵子(英語・英会話塾主宰)

【写真:miffy ちゃんの仮面と、ベネチアのライオンの仮面が混じり合って】
[PR]
by fightback2008 | 2007-11-26 00:53 | ファイトバックの会の活動
フリークは25日をもって閉店です。最後の催しをご案内します。

「地球のタカラモノ」b0159322_2513454.jpg

やん・よんじゃさんの漆の器と、古い着物から洋服や小物の作品を創っている「とんぼの会」の作品展です。

11月23日(金曜)ー25日(日曜)b0159322_2515944.jpg
午後1時―7時(最終日は5時まで)

この作品展のメンバーは全員ファイトバックの会のメンバーです(「こりゃすげぇー」)!
この催しを最後にフリークは閉店します。みなさん、おいでください。   店主 和田明子


--------------------------------------------------------------------------------

和田さんがいたから、女の運動を続けることができました。
長い間、女のスペースをありがとう。

日本のリブの原点・喫茶フリークについて読むには
http://janjan.voicejapan.org/area/0711/0711035040/1.php
(末尾の「気に入った」をクリックして下さると、編集に反映されるそうです)
 
[PR]
by fightback2008 | 2007-11-25 03:20 | 集会開催のお知らせ
■ジェンダー・バイアスなくした裁判を 大阪・豊中市の「バックラッシュ裁判」 不当判決に抗議 (「社会新報」2007年11月14日)
http://fightback.fem.jp/mini_syakaisinpo_07_11_14.html

■三井裁判における証言の信憑性 二岡美流子さん (「ふぇみん」2007年11月5日第2840号)
http://fightback.fem.jp/mini_nioka07_11_5.html

ファイトバックWebチーム
[PR]
by fightback2008 | 2007-11-25 03:16 | マスコミ・ミニコミ報道