館長雇止め・バックラッシュ裁判の情報をお伝えします


by fightback2008
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 03月 ( 56 )   > この月の画像一覧

私は全国シェルターネットの近畿ブロック代表として、2003年秋か冬ごろだったと思うが、東京での代表者会議の後の二次会に出席した。そこで、豊中市のすてっぷ評議員(後で知った)の林誠子さんと同席する機会があった。

席上の話の流れで、私はシェルター活動の仲間である『フリーク』の和田明子さんから聴いていた当時の豊中市「すてっぷ」女性会館の館長・三井マリ子さんへの嫌がらせや風当たり強さを話した。さらに、三井さんが館長職を降ろされそうな気配にあるそうだとの情報を話した。そしたらいきなり、端っこの席から林誠子さんが私に向かってこう言った。

「上田さん、あなた、実際に豊中で右翼の街宣車が来てやっていたということを聞いたことがあるの、そういう(バックラッシュの)チラシを読んだことあるの、一方的な噂話で判断しないで。館長職については組織強化の結果であって、何の問題もないの」

そのとき、林誠子さんが「すてっぷ」の評議員だと知らなかった私は、なんでこうまで断定的に私に食いかかってくるのだろうととても不思議だった。あとで、三井さんの「陳述書」を読んで、私の疑問は解けた。林さんは豊中市から依頼されている「すてっぷ」評議員だったのだ。

しかも、2004年2月の評議員会で、切羽つまった三井さんが、館長として継続して働きたいと希望する意思表明の文書を評議員会で配布していたら、配ることを止めなさいと制止した人、それが林さんだったというではないか。(→三井さんの「陳述書」 p87)

クーッ! 林誠子さんよ、あなたは男性社会の労働組合連合の女闘士【連合のジャンヌ・ダルク】と言われた女性ではなかったか。ジャンヌ・ダルクであれば権力(行政)へ命をなげうってまで果敢に戦いを挑むのが本来の姿。

裁判では現館長の桂容子さんまでが「私が就任したが、結果はすてっぷの組織強化には繋がらなかった……。」と証言した。この桂さんの証言を、林さん、あなたはどう受け止めるのか。ぜひ伺いたい。

もっと情けないのが男女共同参画推進財団理事長の高橋叡子さん。証人尋問で「私は男女共同参画政策や活動内容についてよく解りません。」と白状した。(この証言を引き出せた我が弁護団、その力量たるやアッパレではないか、どうか拍手喝采を!)

こういう人たちを理事長、評議員に選んでいるのが豊中市のお役人である。何といっても浮かばれないのが納税者である市民だ。

今まさに統一地方選挙真っ最中。豊中市議会議員の選挙もある。三井館長を引きずり落とした背景にいる張本人が鉄面皮にも再立候補をしている。どうかファイトバックの会員パワーで当選を阻止しようじゃありませんか。豊中市の友人知人にどんどんアクションを起こしてください。

ピンチをチャンスにかえる時到来。頑張ろう!

上田 美江(ファイトバックの会代表)

(林誠子さんに関する他の評論 http://janjan.voicejapan.org/government/0612/0611305666/1.php
[PR]
by fightback2008 | 2007-03-31 09:53 | 裁判情報
さとうです。この館長雇止め・バックラッシュ裁判の被告の一つは、とよなか男女共同参画推進財団。その最高機関は理事会です。財団には事務局があり、そこで働いていたのが三井館長で今は桂館長。職員の多くは月10万ちょっとの非常勤職員。

さて、その理事ですが著名人がずらりと並んでいます。http://fightback2.exblog.jp/9280358/

京都大学の伊藤公雄教授。男性の側からのジェンダー論で超著名な方です。私が組合員である「連合」でも講演されています。
http://www.rengo-ishikawa.jp/danjyo/towarerumono.pdf

その彼が、バックラッシュと非正規職の雇止めという事態を看過してきたことを、どう考えているのでしょうか?

川喜田好恵さんは、DV問題で高名な相談員です。
http://www.google.co.jp/search?q=%E5%B7%9D%E5%96%9C%E7%94%B0%E5%A5%BD%E6%81%B5&hl=ja&lr=&start=0&sa=N

斉藤弥生さんは大阪大学助教授。北欧をモデルとした福祉論の若手学者。著書多数。民主党の若手リベラル派で福祉関係の鋭い質問で大活躍の衆院議員・山井和則さんのお連れ合いです。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%90%C4%93%A1%96%ED%90%B6/list.html

このすばらしい経歴の方々が理事会におられながら、このようなひどい非常勤職いじめ、女性いじめの事態を招いたことは誠に遺憾です。このままでは、理事の方々の経歴に本当にミソをつけることになります。

理事会は形式的だったのであり、とくに三井館長排除に関しては、豊中市のトップが決定した人事だ、と原告側は主張してきました。しかし一方、当の被告である市・財団(すなわち理事会)は決定したのは理事会だ、最高決定機関なのだ、といった主張もしています。形式的かどうかはともかく、三井館長の首を切ったのは、理事たちです。身を粉にして働いてきた三井館長をぼろ雑巾のように捨て、人の人生をもてあそぶ結果を生んだのは、理事会そのものなのです。

その理事の皆さんにお願いがあります。被告側の書面だけでなく、原告側の「訴状」と、「三井陳述書」を精読して、責任ある理事として考えておられることを表明していただきたいのです。今からでも遅くはありません

Satoh,Shu-ichi さとうしゅういち 
E-Mail:hiroseto@f2.dion.ne.jp
地域・平和・人権・環境 広島瀬戸内新聞
http://www.h2.dion.ne.jp/~hiroseto/
「美しい国」より「くいっぱぐれない国」!女性をもっと議会へ! 社 会 市 民 連 合
[PR]
by fightback2008 | 2007-03-28 07:51 | 裁判情報

すてっぷ理事会

すてっぷの最高決定機関は理事会とされています。http://fightback2.exblog.jp/9280358/
では、理事の方々は、すてっぷの実態をまざまざと見せている当裁判をどう考えているのでしょう。その一端が、以下にうかがえます。

提訴後、豊中市はすてっぷのあり方を検討する会という組織を作ったそうです。その会には理事から上杉孝實さん、川喜田好恵さん、吉井佳容子さんの3名が就任しています。過去2回、その会が“市民から意見を聞く会”を開きました。1回目(06年12月)には誰も理事が参加してなかったそうです。2回目(07年 2月13日)については、次のような報告があります。

「『理事会の顔が見えない』という声が、市民だけでなくすてっぷのスタッフからも上がった。非正規雇用のスタッフが、勇気を持って問題意識を持って発言しているのだ」

全文は坂本やす子市議HPhttp://www.geocities.jp/yasukooffice/merumaga/merumaga108.htm (「『過去にこだわらず、市民が自立しろ』だって?」の項)

豊中市とすてっぷ財団が、今、「非常勤職員の雇止め」と「バックラッシュ」という女性の地位を脅かす2大テーマで提訴されているのです。理事・評議員は、すてっぷの“あり方”にもっと真剣に向き合うべきではないでしょうか。

12月26日1回目“市民から意見を聞く会”についてはhttp://fightback2.exblog.jp/9262447/

ファイトバックの会Webチーム
[PR]
by fightback2008 | 2007-03-28 07:42 | 裁判情報
藤沢薬品男女賃金差別事件、原告仙頭史子さんの勝利和解となりました。おめでとう!
裁判長は、三井裁判と同じ、大阪地裁809号法廷の男・山田陽三さんです。
http://www003.upp.so-net.ne.jp/sentou/ リンク切れ

裁判長と弁護団で、和解協議が何回も行われたようです。和解協議は非公開ですが、にもかかわらず、毎回支援者が多く廊下に待機していたということです。そして和解協議後の交流会で、弁護団からは、支援団の熱意に励まされたという感謝の言葉があったそうです。ファイトバックの会の今後にとても参考になります。
http://www003.upp.so-net.ne.jp/sentou/newscss1.htm リンク切れ

実は、ファイトバックの会の運動(大法廷要請)が、仙頭さんの裁判にいい影響を与えたことがあり、この裁判は注目していました。http://fightback2.exblog.jp/9256325/

ファイトバックの会Webチーム
[PR]
by fightback2008 | 2007-03-28 07:31 | 裁判情報

すてっぷ財団役員名

財団法人とよなか男女共同参画推進財団の役員名簿です。

すてっぷは財団です。財団とは民間法人であり、市当局とは独立している民間の組織です。財団の決定権は理事会にあるとされています。つまり、組織強化だとして三井館長を排除したのは、形としては理事会となります。民間会社の社長にあたる理事長高橋叡子さんは、証人尋問で登場しました。ほか取締役にあたる理事は以下の通りです。ごらんの通り、著名な方々が就任しています。なお評議員は意見を述べたり、批判したりできますが、決定権はありません。

以下の方たち全員に、裁判の全記録のコピーを豊中市から送られているということです。2月21日、桂館長は、「この1月、理事の集まりがあり、そこで吉井理事らが、『館長を内定していたのなら茶番と言われてもしかたがない』というようなことを本郷部長に言っていた」と証言しました。ということは、最近も裁判について理事会がもたれているということになります。

(2002年4月1日-2004年3月31日と書かれていますが、2004年3月31日ではなく、2003年3月31日のミスです。古沢正昭部長に代わって本郷和平部長が2003年4月理事に就任。裁判に出てくる市の人権文化部長は本郷部長です)
b0159322_20591549.jpg


ファイトバックの会
[PR]
by fightback2008 | 2007-03-26 20:55 | 裁判情報
ファイトバックの会は館長雇止め・バックラッシュ裁判を支援する会です。原告の三井さんの勝利に向けて応援していくことに賛同する人の中には、政治の分野でバックラッシュに抗してがんばっている方が数多くいます。バックラッシュへの反対を鮮明にする議員(とくに女性)がいると、バックラッシュ勢力の動きは鈍くなるはずです。私は、そういう候補予定者の応援に全力で駆け回っています。

今日24日は、ほんむら久美子さん(板橋区議選候補予定者)のところにかけつけました。すばらしい方です。2005年の都議選で、バックラッシュ派の土屋敬之さん(豊中市北川悟司議員と同じ組織に入っている)に対抗して、強い使命感から初めて立候補されましたが、惜敗。今回は完全無所属で板橋区議に挑まれます。http://www.k-honmura.com/

昨日23日は、大津市の岡田啓子さん(毎回傍聴)を励ます集い。岡田さんは私にとって組合の先輩でもあります。ファイトバックの会の田原素子さんと一緒に参加。ハンディを持った方々による演劇があり、胸を打たれました。どんなに重い障害を持とうと、普通に街で暮らしたい、当り前に日常生活を送りたいという人間としての当然の権利が伝わってくる演技でした。http://blogs.yahoo.co.jp/hiroseto2004/folder/1473825.html

先週は、東京都文京区で木村民子さんの区政報告会に参加させていただきました。開発優先の文京区政の問題点が、パワーポイントを使った木村さんの簡潔明瞭な説明で非常によく飲み込めました。http://blogs.yahoo.co.jp/hiroseto2004/folder/1473822.html
http://homepage2.nifty.com/lupinus3/

名前を公表しているファイトバックの会賛同人で、応援漏れの候補のみなさんがいましたら、できる限り駆けつけるか、不可能な場合は「勝手連」を立ち上げます。私あてにお申し付けください。98年から地方議会に女性議員を増やそうと続けている「女性と政治キャンペーン」の成果も出したいです。女性が政治の場に少ない現状を打破しましょう! 生活感覚のある人を通しましょう!

最後に一言。私の所属する労働組合では、支持政党のいかんにかかわらず組合員は組合の先輩の組織内議員には毎冬1000円づつカンパします。組合の先輩が落選するようでは社会に対しての発言力もダウンしてしまうからです。労働組合とこの運動は同じではありませんが、バックラッシュに抗して闘ってくれる議員の存在は大事です。強制はしませんが、政治をもっと日ごろの生活の一部にし、選挙の応援を気軽にしましょう。

Satoh,Shu-ichi さとうしゅういち 
E-Mail:hiroseto@f2.dion.ne.jp
地域・平和・人権・環境 広島瀬戸内新聞
http://www.h2.dion.ne.jp/~hiroseto/
「美しい国」より「くいっぱぐれない国」!女性をもっと議会へ!
社 会 市 民 連 合
http://www.shakaishimin.com/

■さとうももよさん(ファイトバックの会、船橋市議)も、北海道から傍聴に駆けつけた竹花郁子さん(函館市議、ファイトバックの会)も、バックラッシュ議員に抗して頑張っています。
(ファイトバックの会Webチーム)
[PR]
by fightback2008 | 2007-03-24 18:06 | 政治・選挙とジェンダー平等
さとうです。私の「すてっぷ視察記」がJANJANに載りました。ごらんになって、気にいったら、末尾をクリックしてください。

男女参画施設「すてっぷ」は強化されたか?

別件ですが、イシハラシンタローさんの顔が大写しになったポスターを都営三田線春日駅1番ホームで現認! 
http://blogs.yahoo.co.jp/hiroseto2004/46208242.html リンク切れ
都税を知事選に利用していると言われてもしかたがないほど、シンタローさんの一人目立ち。
汚いぞシンタロー!


さとう しゅういち 
E-Mail:hiroseto@f2.dion.ne.jp
地域・平和・人権・環境 広島瀬戸内新聞
http://www.h2.dion.ne.jp/~hiroseto/
[PR]
by fightback2008 | 2007-03-24 18:01

すてっぷの写真

反響を呼んでいるさとうしゅういちさんの「すてっぷ視察報告」。そこに添付されている写真の拡大版が以下にあります。

◆「すてっぷは組織体制が強化されたか?」
http://janjan.voicejapan.org/area/0703/0703212118/1.php

ファイトバックの会Webチーム
[PR]
by fightback2008 | 2007-03-23 17:57 | 裁判情報
福間公子さん著「2000年全国公募の応募者として」がホームページにアップされました。2000年春、豊中市が女性センター創設にあたって館長を全国公募した当時の様子がつぶさに書かれています。応募した福間さんが見たまっとうな館長公募制。それが3年で変遷・・・。http://fightback.fem.jp/fukuma_06_10_23.html

ファイトバックの会Webチーム
[PR]
by fightback2008 | 2007-03-22 18:02 | 裁判情報
さとうしゅういちさん(広島県)と、和田明子さん(豊中市)の論文がHPに掲載され、反響を呼んでいます。さとうさんは“すてっぷ見聞記” 、和田さんは “対豊中市政体験記”。どちらも、自身の実体験を元に執筆され、迫力があります。この裁判に、とても貴重な事実を提供してくださった二人に感謝したいと思います。

■さとうしゅういち 「すてっぷを視察して」
http://fightback.fem.jp/satosyuichi06_12_29.html

■和田明子 「豊中市と市民のパートナーシップとは」
http://fightback.fem.jp/wada06-12-13.html

ファイトバックの会Webチーム
[PR]
by fightback2008 | 2007-03-21 17:53 | 裁判情報