館長雇止め・バックラッシュ裁判の情報をお伝えします


by fightback2008
カレンダー

<   2006年 12月 ( 70 )   > この月の画像一覧

来年初の法廷は2月21日(水)午後1時45分から。法廷後の「弁護士解説つき交流会」は大阪弁護士会館です。
〒530-0047 大阪市北区西天満2-12-2  
地図は、http://www.osakaben.or.jp/web/02_access/index.php

さて大阪弁護士会館といえば、2006年4月17日、本郷人権文化部長の証人尋問の際、裁判長が退席して閉廷となってしまったため、「抗議の大集会」をしたところです。

あの日は、いつもよりさらに大勢の傍聴人が全国からやってきました。ところが、大法廷が空いているにもかかわらず809号の小法廷。しかも抽選もなかったため早いもの順で着席。大勢の傍聴者が、法廷の外の廊下で「私たちは大法廷でやってと何回も要望してきました」「大法廷が空いてます。そちらでやってほしい」と抗議。裁判長の「抽選をするから外に出てください」との声に被告席も原告席も誰ひとり立たず、裁判長は閉廷を申し渡すという事件がありました。

その後、息の長い運動の結果、三井原告の本人尋問のときは大法廷となりました。さらに、別の事件でも大法廷を使うことができるように変わるなど、司法の民主化にささやかながら貢献しました。加えて、三井さんの弁護団はこれを機に、「大法廷使用についての基準」を話しあうよう司法事務協議会に申し入れ、来年の協議会の議題にとりあげられることが決定されました。司法事務協議会とは、大阪高裁,大阪地裁、大阪法務局、及び大阪弁護士会等で構成される内部の会議です。

b0159322_2372318.gif以上、「大法廷問題」は、2006年のファイトバックの会の活動として、末永く思い起こされる事柄ではないでしょうか。桂容子館長の証人採用を求めてのねばりが、今年最後の法廷で認められたことをあわせて、今年の2大ニュースとしたいです。

それではみなさん、また来年!

2006年12月31日

ファイトバックの会一同 (代表 上田美江)
[PR]
by fightback2008 | 2006-12-31 23:05 | 裁判情報
12月26日(火)、すてっぷで、財団の今後のあり方について市民の意見を聞く会が開かれました。

b0159322_2155416.jpg25日の裁判の翌日で、しかも翌日水曜日はすてっぷ休館日。28日は仕事おさめという日でした。しかも、市の広報にも載せないなど、「あまり多くの人に来てほしくない」という意図が見え見えだったという声が数多く出ています。

財団の組織体制を強化するためという名目で、財団事務局職員の人事を変え、三井マリ子館長排除を強行したのは2004年2月1日。その数ヶ月後に、市は、さらに新しい組織検討にはいりました。男女平等の社会づくりには継続的長期的事業が不可欠なのに、なんとずさんなのでしょうか。

26日は、市民や職員から「なぜすてっぷ財団の理事が1人もいないのか」など厳しい意見が続出しました。下記ブログが参考になります。
http://blog.so-net.ne.jp/greengreentoyonaka/2006-12-26 リンク切れです

ファイトバックの会Webチーム
(写真は、豊中駅前に50余億円を投じて建てた「すてっぷ」)
[PR]
by fightback2008 | 2006-12-31 21:39 | 非常勤・非正規雇用
12月26日、すてっぷで開かれた「男女共同参画推進財団のあり方検討について」の集まりに参加した方からの報告です。

===
主催者側は豊中市の行政から3名、すてっぷ財団職員から4名。参加者は20数名いました。
すてっぷの職員は、現職ばかりか元職員が5、6名いたようです。NPO法人きずなから3名。議員は坂本やすこさん1名。障害者グループから1名、あとは「男女共同参画推進条例をつくる会」のメンバーなどです。すてっぷにはほかにグループがないのか、と思ってしまいました。呼びかけには、「市民のみなさまの意見をお伺いするため」とありましたが、ひさしぶりに参加したすてっぷの市民向け会議でしたが、ほとんどが以前からのメンバーでした。そのためか、豊中市の説明にすぐごまかされなかったのはよかったと思います。

「ありかた検討会」といっても市側から出たのは経費削減の話ばかりでした。
それに対して、理念についてはどうなのか、
これは、合理化のためのアリバイづくりをしようという会ではないか、
なぜ評議員や理事が1人も来ていないのか、
すてっぷ立ち上げの時の「市民とのパートーナーシップ」はどのように評価されたのか、
など出された意見は行政への不満や怒りばかりでした。

元気のいい新しいすてっぷ職員がいて、行政に対してなんども辛辣な意見を述べていました。

次回からこのような会をする際は、会議の日程を市の広報に掲載すること。
理事や評議員が必ず出席すること。
理事会、評議会の議事録を公開することなどの要望が出ていました。

====

ファイトバックの会Webチーム
[PR]
by fightback2008 | 2006-12-31 16:18 | 非常勤・非正規雇用

石原都知事

ジャーナリストの江川昭子さんが、数日前、座談会で石原都知事に「ババアとか・・・やめてほしい」と発言。それに対して、石原知事は、「東大の宇宙学者がそういうことを言ったので、驚いてある席で紹介したら、中に共産党の人がいてわたしのせいにされた」などと虚偽の弁明をしています。http://www.tokyo-np.co.jp/00/tko/20061226/lcl_____tko_____001.shtml

石原都知事のババア発言は・・・
「“文明がもたらしたもっとも悪しき有害なものはババァ”なんだそうだ。“女性が生殖能力を失っても生きているってのは無駄で罪です”って。男は80、90歳でも生殖能力があるけれど、女は閉経してしまったら子供を生む能力はない。そんな人間が、きんさん、ぎんさんの年まで生きてるってのは、地球にとって非常に悪しき弊害だって…。なるほどとは思うけど、政治家としてはいえないわね(笑い)」

以上は、『週刊女性』」2001年11月6日号 「独占激白“石原慎太郎都知事吠える!”」 より抜粋です。これは典型的男尊女卑的表現であるとして、怒った女たちが撤回と謝罪を求めて提訴。今、まだ、第2次石原裁判の途中です。

石原都知事、四男問題などでマスコミがやっと批判の目を向けだしました。ここで、ババアとか三国人とか、言いたいほうだいの暴言を思い出すことはいいことです。それにしても、石原3選を阻止しなくては。
http://homepage3.nifty.com/hanishihara/

ファイトバックの会Webチーム
[PR]
by fightback2008 | 2006-12-31 15:47 | バックラッシュ関係
岡田けいこさん(大津市議)のサイトに中之島公会堂での報告がアップされました。すてきな写真もたくさん・・・。
http://www.okadakeiko.jp/okdiary/200612.html 現在閉鎖中

b0159322_22122213.jpg
b0159322_22125165.jpg










左:横断幕の前に居並ぶ弁護団。横断幕は北村三津子さん特製
右:小松満貴子さんの発言に耳を傾ける会場のみなさん
(写真は岡田けい子さん撮影)
[PR]
by fightback2008 | 2006-12-30 12:21 | 裁判情報
b0159322_22165575.jpg

三井さん「あら、素敵な使い方ね」
前田さん「こうすると襟元が温かいし、チカチカしないので」
前田さんは、12月25日、黒のバンダナをグレーのセーター襟元にちらりと見せたニューファッションでした。三井さんは、あいもかわらず鉢巻スタイル。
みなさん、いかがですか。バンダナを1年間お世話になったあの方に。
売り上げは、ファイトバックの会への補助となります。お買い求めは、http://fightback.fem.jp/bandanna.html
   
あざやかなライト・グリーンと、元気なオレンジもあります。
b0159322_22195896.jpg


b0159322_22223362.jpg

法廷だけでなく、ぶどう畑でも、デートにも・・・使い道、いろいろ。b0159322_22225868.jpg
b0159322_22235089.jpgb0159322_2224547.jpg










バンダナデザインはちひろくん
バンダナ販売担当
[PR]
by fightback2008 | 2006-12-29 01:40 | ファイトバックの会の活動
b0159322_2312264.jpg

12月25日はクリスマス。
人、人、人でにぎわう中、ファイトバックの会は「桂さん証人採用決定!」にわきたちました。左奥は、ノルウェーから贈られたクリスマスツリー。平和と友好のシンボルとして、12月1日、淀屋橋・大阪市庁舎前で点灯されました。

ファイトバックの会
(撮影 おかはしときこ)
[PR]
by fightback2008 | 2006-12-27 23:10 | ファイトバックの会の活動
12月25日、裁判長は桂容子現館長の証人採用を決定しました。原告側は、それまで何回か証人申請をしてきましたが、最後のよりどころとなった重要な文書は、豊中市議会議員・一村和幸さんの陳述書でした。あろうことか、その文書を、今回、被告財団は「不正確」と批判する文書を出してきました。

問題の「陳述書」は、一村議員のホームページに掲載されています。http://www.age.jp/%7Ekaeru/tinjutu.htm

ファイトバックの会Webチーム
[PR]
by fightback2008 | 2006-12-27 20:01 | 裁判情報
b0159322_22431193.jpg

大阪市庁舎前に飾られたクリスマスツリー前で、ファイトバックの会のみなさん。このツリーは、平和と友好のシンボルとしてノルウェーのドローバックから贈られました。昨年からクリスマスの前後にセットされています。ノルウェーの男女平等政策を80年代から日本に伝えてきた三井さんを、この夜、ノルウェーのもみの木とサンタ(ニッセ)は、待っていたかのようでした。
関連ブログ http://ibsen2006.fem.jp/blog/diary.cgi?no=94

ファイトバックの会
(撮影 おかはしときこ)
[PR]
by fightback2008 | 2006-12-27 14:49 | ファイトバックの会の活動
賃金差額や慰謝料求め提訴 ウィングス京都の嘱託職員
「京都市男女共同参画センター(ウィングス京都、中京区)の嘱託職員の女性(60)が20日、一般職員に比べて嘱託職員の賃金が大幅に低いのは憲法や労働基準法に反するとして、センターを運営する市女性協会に2年9カ月分の賃金の差額や慰謝料など約330万円の支払いを求める訴えを京都地裁に起こした。 ・・・後略」 (京都新聞)

京都新聞・全文を読むには
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061220-00000042-kyt-l26 リンク切れ
他にも毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061221-00000149-mailo-l26 リンク切れ

ファイトバックの会Webチーム
[PR]
by fightback2008 | 2006-12-27 14:30 | 非常勤・非正規雇用