館長雇止め・バックラッシュ裁判の情報をお伝えします


by fightback2008
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2005年 05月 ( 57 )   > この月の画像一覧

b0159322_1515276.gif大津市議の岡田啓子さんのホームページからダウンロードできます。

友人に下のアドレスをどんどん転送してください。パソコンをしていない方には、印刷して配ってください。公民館や女性センターなどで置いてもらってください。駅前で撒いてください。

http://www.okadakeiko.jp/topic/topic07.html
[PR]
by fightback2008 | 2005-05-31 15:14 | 集会開催のお知らせ
明日の働き方は私たちが決める! -有期雇用全国ネットワーク発足記念シンポジウム-
◆大阪ドーンセンター5F特別会議室
1部「有期雇用の現状と課題」永嶋里枝(弁護士)
2部 パネルディスカッション「現場からの報告-私たちができること-」
パネラー:有期雇用裁判の原告たち
●地球環境戦略研究機関・妊娠・雇い止め裁判
●国立情報学研究所・更新の限度・雇い止め裁判
●公益社・セクハラ・雇い止め裁判
●とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ館長雇止め・バックラッシュ裁判
●神戸国際協力交流センター・組合加入・雇い止め裁判

詳しくは http://www.kcc.zaq.ne.jp/dfdbd204/yuki/index.htm
[PR]
by fightback2008 | 2005-05-30 15:34 | 集会開催のお知らせ
数年前、北九州で開いた「女性議員を増やすバックアップスクール」の講師として三井さんに来ていただいたことがあります。

三井さんのこれまでの活動を影ながら応援してきたので、三井裁判も支援していきたいと思います。

5月26日には自民党が党本部で開いたジェンダーフリー叩きの集会を偵察してきました。むこうは行政を巻き込んで、気に入らない人物を強権的に排除していこうとしています。

今頃、男女共同参画社会基本法の意味に気がついて、本気で巻き返しを狙っているのです。バックラッシュは強いけれど、国際的な流れを踏まえた真っ当な主張をしているのは私たちです。そこを言い続けることで何とか跳ね除けていきましょう!

谷瀬 綾子 (「社会新報」編集部) 
http://www5.sdp.or.jp/central/shinpou/newsfiles/shimpoold.html
[PR]
by fightback2008 | 2005-05-30 15:21 | 応援メッセージ
昨日28日、WWNの正路怜子さんに富山の「サンフォルテ」は(県民共生センター)で講演してもらいました。

「べアテさんからのメッセージを受けて―日本の男女差別を国連に訴えて―」という題名で話してもらいました。館長や職員のみなさんも聞いておられました。

みなさん、初めて知ったことが多く正路さんのことを尊敬しておられました。「ベアテさんの会」の学習会です。正路さんは、講演の中に三井さんの裁判の応援もしっかり入れてくださいました。

何も知らない人たちに、女性たちがいろんな分野で闘っていることを知らせる。そしてその中に三井裁判のことも紹介する・・・こんな形の応援は効き目があると思います。

みなさんも、(三井裁判を支援している人の中から)いろいろな人を呼んで「三井裁判」を話してもらってください。「サンフォルテ」はこちら http://www.sunforte.or.jp/ 

山下 清子(ベアテさんの会、ファイトバックの会@富山)

ファイトバックの会Webチームより:賛同人は現在450人です。
最初の呼びかけ人名はここをクリックhttp://fightback.fem.jp/yobikake.html
[PR]
by fightback2008 | 2005-05-30 15:18 | 応援メッセージ
5月26日、辻元清美さんの講演会に行ってきました。そこでファイトバックの会のチラシを撒いてきました。辻元さんはファイトバックの会の呼びかけ人の一人です。

会場は若い人が多く、男女比は半々くらいでした。若者は「無関心」といわれてますが、国際問題や平和のことに興味を持っている人は多い、と安心した反面、ジェンダーの問題はまだ認知されていないと感じました。

この会のように、ファイトバックの会も若い人たちが参加してくれるような取組みも必要かなと思いました。

話はそれますが、私は河野美代子先生を知らなかったのですが、ビラ配るのを手伝った友人は広島出身で河野さんを「すごく有名。学校で本とか紹介された」と言ってました。最近、『いのち からだ 性 -河野美代子の熱烈メッセージ』(高文研)を読んですごく良い本で、河野さんが真摯に丁寧に性教育に取り組まれていたことがわかりました。

だから山谷えり子たちが言ってることは本当に変だと思います。辻元さんに「河野さんが今大変で、広島で講演会が出来ない」と伝えるとビックリされてました。三井さんにも「傍聴行きたいと思ってる」とおっしゃってました。素敵なお二人の2ショットをいつか見てみたいです。

成田真理子(ファイトバックの会)
[PR]
by fightback2008 | 2005-05-28 15:30 | 応援メッセージ
河野美代子さんが、展望社「ビジネス界」に抗議文を出しました。広島市PTA協議会会長の渡部武さん連載の「これでいいのか広島の教育!!」において「ジェンダーフリー教育」や「性教育」の実践に対する事実をねじ曲げた中傷記事が繰り返され、男女共同参画および性教育に対する誤解と偏見が増幅されることになると、強い憤りを表明しています。

テープ録音した真実に基づき、いかに悪質なデマかを正確に反論し、出版社に4点を要求しています。

(1)この抗議と要望書を「ビジネス界」に掲載すること。 
(2)Kさん本人に対し、貴社の編集者が3月30日、電話にて、謝罪したことを聞き及んでいます。その謝罪の意を具体的に示すこと。 
(3)当会およびここでとりあげられている講演者及び発言者に対して、謝罪をし、その謝罪記事を「ビジネス界」に掲載すること。
(4)渡部武さんの「これでいいのか広島の教育!!」の連載を即時中止すること。

河野さんについては、当ブログ4月27日、28日、5月23日を参照ください。子どもたちの目線に立って日本の性教育を引っ張ってこられた医師です。ファイトバックの会賛同人。

(ファイトバックの会Webチーム)
[PR]
by fightback2008 | 2005-05-27 15:28 | バックラッシュ関係
b0159322_15271598.jpg「女性ニューズ」5月20日号で、三井裁判の東京シンポジウムが報道されました。全文はこちらで読めます。http://fightback.fem.jp/josei5_20.html
「女性ニューズ」は、団体や政党に属さない日本で唯一の女性紙。購読料1年7245円。大マスコミには載らない貴重な情報満載。女性による、女性のための女性紙を応援しましょう。申し込み TEL03-3343-1846 FAX03-3348-1890 
               josei-news@arion.ocn.ne.jp
[PR]
by fightback2008 | 2005-05-27 15:25 | マスコミ・ミニコミ報道
b0159322_17561072.jpg松江での充実した会の様子をブログで拝見しながら、秋田もがんばらねば・・と思っています。5月23日夜、10人ぐらいの集まりで毎日テレビのビデオを見ました。男性議員の発言に、みなさんが怒りの声をあげていました。秋田県内の方、青葉まぶしい秋田を旅したい方、6月18日(土)13時半、秋田市の秋田県中央男女共同参画センターhttp://www3.ocn.ne.jp/~akitawmc/にぜひご参加ください。三井さん講演、それを受けて男女平等の秋田にするために参加者で語り合います。全国の皆さん、初夏の秋田は素敵ですよ!


佐藤加代子(秋田・女性議員を増やす会、6月18日講演会世話人)
[PR]
by fightback2008 | 2005-05-25 17:53 | 応援メッセージ
三井さんが『We』に書かれていたナチ犯罪人を追跡するジーモン・ヴィーゼンタールに興味を持ち、先日、やっと彼の『ナチ犯罪人を追う』(時事通信社)を読むことができました。

その中で、彼が若い人たちに言っている次の言葉を見つけました。三井さんが誹謗中傷されたあげくに首を切られたとき、一緒に働いていた人たちは、なぜ何もしなかったのだろう・・・。社会全体の人権や、豊中市の人権を常日頃から言っている人たちは、なぜこの明らかな不正を見て見ぬふりをしたのだろう・・・。この疑問がいつも頭から離れなかったのです。彼の言葉は私に一筋の光を与えてくれました。

「君たちは些細な不正に対して正面から挑まなければならない。それにはときには大きな不正に対して戦うのと同じくらいの正義感と勇気が必要なのだ。職場の同僚がいわれのない中傷を受けているのを見て見ぬ振りをして、あの人の地位にありつけるかもしれないなどと喜んでいる者は、あの当時ユダヤ人が歩道を雑巾で拭かされているのを見て見ぬ振りをし、彼らが追い出されて空いた住宅に入ることができると喜んだ者となんら変わるところはない。あのころ大きな抵抗をした人々は、いまも小さな抵抗を忘れないでいることだろう。 ――ジーモン・ヴィーゼンタール」

匿名希望(大阪府在住)

三井マリ子『We』論文はこちらを 
http://www009.upp.so-net.ne.jp/mariko-m/7women_Backlash.htm
[PR]
by fightback2008 | 2005-05-25 17:49 | 応援メッセージ
b0159322_1531494.jpg

松江市の堀川めぐり船で、奇妙なポーズをとる4人。左から三井マリ子さん、田原素子さん、岩橋百合さん、高月雅子さん(茅ヶ崎市議)。何のポーズ? バンダナCMのため、バンダナのイラスト「怒りの船頭」ポーズだそうな(笑)。肝心のバンダナは、三井さんが首にまいてるだけ。

バンダナはファイトバックの会パソコン購入費、通信費のため制作しました。1枚1000円で大好評発売中。注文はこちらをクリックhttp://fightback.fem.jp/bandanna.html 
                     

 (写真撮影 鐘ヶ江洋子さん)
[PR]
by fightback2008 | 2005-05-25 15:29 | ファイトバックの会の活動