館長雇止め・バックラッシュ裁判の情報をお伝えします


by fightback2008
カレンダー

<   2005年 04月 ( 75 )   > この月の画像一覧

b0159322_661658.jpg4月26日の広島集会はスタッフが多忙な中で急遽セッティングして頂きました。私は大阪から参加しました。

三井さん報告のあと会場から、広島にバックラッシュの波がおしよせている状況が発言されました。中でも広島市内で産婦人科の院長をされている方が、三井さんと同じ手法(事実無根の発言を流布された)で、攻撃されたそうです。

この方はテープに録音されていたので、名誉毀損で提訴されるそうです。また「今どうして、このようなことが起きるのか?」の質問に「強者のみが生き残る、戦争への道が画策されている・・・思う」と、三井さんがコメントをしました。

b0159322_663331.jpgそのコメントに私たちは本当にしっかりしなくては、との思いを再認識しました。

最初に毎日TV・ビデオ上映があったのですが、やはり映像はインパクトがありますね。改めて毎日放送の担当者に感謝、感謝です。

参加者は25名ほどでした。卑劣なバックラッシュ側に屈することなく裁判に立ち上がった三井さんに、熱いエールがたくさん贈られました。もっと時間があったらと残念でした。
 
                  

小西百合子(ファイトバックの会世話人、写真撮影も)
[PR]
by fightback2008 | 2005-04-28 06:04 | ファイトバックの会・大阪以外
「掲示板」に載りました。小さな記事でしたが、当日これを読んで参加した方がいました。
b0159322_6241334.jpg

記事はファイトバックの会HPで読めます。 
http://fightback.fem.jp/asahi-yamaguchi4_26.html

提供:姫野敦子(岩国市議)http://www.sky.icn-tv.ne.jp/~himeno/
[PR]
by fightback2008 | 2005-04-27 06:21 | マスコミ・ミニコミ報道
b0159322_6132945.jpg岩国の報告会は、ほとんど勝又みずえさん一人で行った。たった一人でする、ということはどういうことなのかーーーーそれは、会場探しから始まった。

会場の予約、チラシつくり。そのチラシを持って、新聞社数社を周っては広報のお願いをし、知人一人ひとりに直接訪問して参加を勧誘し、東京から届いた横断幕を岩国用に改良し、配布資料を印刷して当日を待った。その間の様子を時折ファイトバックの会に報告することも忘れなかった。

そして26日当日。朝早く5,6人分のおにぎりを握り、卵焼きとウィンナソーセージのおかずを作り、ティータイム用の茶菓を用意し、会場を飾る花を庭から摘んでアレンジメントをし(勝又さんの仕事は農業)、「訴状」をそろえ、販売時のつり銭を箱に入れ、受付の文房具を用意し、毎日TVビデオを入れ・・・エトセトラ。これら全部を愛車に積み込み、講師を迎えに新岩国駅に向かった。

講師の三井さんを乗せて、1時間前には会場に到着。当日は、一人ではとても運べないので、ご近所の森田亀槌さん(写真:帽子をかぶった男性)と夫君が手伝いを買って出た。到着後、ただちに机を並べ替え、マイクを用意し、案内ボードを確認してほぼ完成。

b0159322_6134947.jpg開場までの余った時間で昼食のおにぎりをほおばる(写真左)。そこに三々五々、参加者が到着。あいさつをして部屋に招きいれ、会がスタート。会の進行に気を配り、終了後は後片付け。帰宅後、ただちに報告をブログに。お見事!

一人の女性にできないことはない、情熱と決意があれば
(If a woman is sufficiently ambitious,determined and gifted--there is practically nothing she can't do. by Helen Lawrenson)。

ファイトバックの会世話人
[PR]
by fightback2008 | 2005-04-27 06:17
b0159322_6185818.jpg朝から初夏の穏やかな晴天となった昨日26日、無事岩国報告会が終了しました。参加者20名。(女性12名、男性8名)。山口県の県会議員(男性)も約束どおり参加してくれました。かとうちひろさんの横断幕に守られ、姫野敦子市議の司会で毎日TV・ビデオではじまり、三井さんのバックラッシュ裁判報告。ティータイムをはさんで、その後は全員参加で男女共同参画・バックラッシュ等を主テーマとして討論会。小人数ながらほぼ全員が三井さんのコーディーネ-ターのもと発言し、三井さんにはバックラッシュ、ジェンダー、ジェンダーフリーについて講義もしていただきました。言葉というものは、時として悪用され、混乱・災いのもとになりかねず、各地で特に「ジェンダー・フリー」についての講義を、くりかえし、していただく必要があると感じました。

萩市・大竹市・周南市・岩国市近辺などから参加された方々は、充分満足されたのではないかと思います。私も地元でないところで企画・準備を殆ど一人でやり、どうなることやらでした。これを第一歩として、次は又新しい参加者を得て、やらなければと思っているところです。マスコミ的には事前に防長新聞が、当日朝日新聞が掲示板コーナーに掲載。半面、一番期待した当日取材をしてくれなかったのは以外でした。やはり社長の本音はあちらであったかと、身をもって実感。またマスコミの対応が全体的に厳しいというか、妙な雰囲気を感じた今回でした。それだけ、このバックラッシュ裁判は、神経質に意識されているのか、圧力がかかっているというのか。とにかく、無事に終了いたしました。会場は「シンフォニア岩国」というゴージャスな山口県の施設でした。

b0159322_6193641.jpg
【参加者から】
・ぜひ勝っていただきたい。今まで20年以上かかって戦ってきた男女平等、男女共同参画社会の実現が揺るがされる状況に、もどってほしくない。

・古い考えの持ち主(北川議員)に必ず勝ってください。

・バックラッシュ、ジェンダーフリーについて、やさしい説明が出来るようになったかな、と思います。自分らしく応援してゆきたいと思っています。頑張ってください。

・当事者としての正直なお声を聞けて、痛みを少しは共有できてよかった。お体を大切にして頑張って欲しいと思います。館長と言う職業を失われるという以前に、市民・国民にとって大切な宝を、つぶしてしまったという感じです。世の中で傾いてきている動きと、どんな世の中で子供たちが暮らすのかを、もっとよく理解して欲しい。

・バックラッシュ裁判を起こされた、その勇気、意義深い行動そのものに感動しています。日本の明日が明るいものになるよう、応援させていただきます。

勝又みずえ(本郷川を守る会副会長、写真提供も) b0159322_6185818.jpg
[PR]
by fightback2008 | 2005-04-27 06:16 | ファイトバックの会・大阪以外
b0159322_6103537.jpg広島の香川です。先ほど(4月26日午後9時)、広島市女性教育センターでの裁判報告会を終え、戻ってきました。いろいろ私の準備不足がありましたが、会としては何とか良い形にできたと思います。参加者は20名ちょっとでした。でも、広島のそうそうたるメンバーがズラリと揃った感じでした。取材は中国新聞の記者が一名。記事になることを願っています!! 広島でもバックラッシュの嵐が吹き荒れていてそれに対抗すべきと立ち上がった「男女共同参画を考える会ひろしま」のメンバーも参加してくださいました。その中でバックラッシュ勢力から誹謗中傷を受け、それ対して正式な抗議や告訴を考えている婦人科医の河野美代子さん(写真右)もかけつけてくださり、三井さんと握手を交わす場面もありました。簡単ですが、報告まで。

香川 恭子(専門学校講師)
写真撮影:小西百合子
[PR]
by fightback2008 | 2005-04-27 06:14 | ファイトバックの会・大阪以外
25日は、朝早くから京都府立大学の「現代社会とジェンダー」の授業に来ていただき本当にありがとうございました。

日本のバックラッシュの様子がいきいきとよくわかりました。私は後ろから見ていたのですが、講義の冒頭に映した先日の毎日テレビのビデオを、学生さんたちはくいいるように熱心に見ていましたよ。

そして、あとでネパールから来た留学生さんが 「一般の人だったらそういう人もいるかもしれないけど、議員さんが男らしくとか女らしくとかはっきり言うのには びっくりした。ネパールでも議員さんはそんな遅れたひどいことは言わない」と驚いていたのが印象的でしたよ。

私のゼミの柴本さんも「訴状を読みたいから」とメールしてきました。やはり、知れば大きな影響があるのですね。私のゼミの学生さんたちはパワフルな三井さんに感嘆していましたよ。そして「30代の人ですね」といっていました! 

私はノーコメントでしたが、本日の三井さんはとても生き生きされてたのが印象的でした。  

上野 勝代(大学教員)

b0159322_6294237.jpgb0159322_63031.jpg写真は柴本望さん撮影(「現代社会とジェンダー」の終了後、上野ゼミの学生さんたちと)
[PR]
by fightback2008 | 2005-04-26 06:32
三井さんが提訴したことが、言及されています。
http://www.joseigakkai-jp.org/news101.htm
[PR]
by fightback2008 | 2005-04-26 06:25 | マスコミ・ミニコミ報道
24日、大阪府高槻市(大阪と京都の中間にあります)の高槻現代劇場で開催された、辻元清美さんの講演会「いま、憲法を語る!」に参加しました。

辻元さんは、バックラッシュ裁判の呼びかけ人ですので、 会場にファイトバックの会「呼びかけ文」を持参し、架台に置かせてもらいました。しかし、置いただけでは何人が取ってくれるか分からないので、休憩時間に配付しました。呼びかけ人の上田峯子さんと橋本幸子さんが一緒だったので3人で配りました。 

高槻市は、豊中市に近くだからでしょうか、皆さん関心を 示していました。 知人にも渡すからと数枚取られた人もありました。その中で佐賀県から参加の人がその場で賛同人になってくれました。賛同人として名前出しOKとも言われました。

会場には300人位いて、呼びかけ文を150枚足らずしか持参しなったのですぐに品切れとなり残念でした。参加者の50%近くは男性だったと思います。 こういう場所でのPRはたいへん有効だと思いました。いずれ、街頭でのチラシ配付も考えようと思っています。

小西百合子(ファイトバックの会 事務局)
ファイトバックの会「呼びかけ文」はこちらでも読めます 
http://fightback.fem.jp/yobikake.html
[PR]
by fightback2008 | 2005-04-25 06:34 | ファイトバックの会の活動
b0159322_6453734.jpg「波をつくる女たち Sister Waves」を知ってますか。女性の視点で作られた映像作品を、女たちの手で上映するグループです。2002年秋、三井さんが元気に館長を勤めていたころ、すてっぷで第1回を開催しました。約800人の参加者を得、大成功でした。第2回目も2004年秋に、すてっぷで開きました。もう三井さんはいませんでしたが。そして、今回、大阪だけでなく、一人でも多くの女たちに見ていただく「<女たちの映像祭>キャラバン上映会」の企画をしました。4月1日、キックオフ! 各地で三井さんの裁判報告会をする時、一緒に上映会などいかがでしょうか。

b0159322_6455862.jpgブログ 女たちの映像祭
http://sisterwave.exblog.jp/ 
キャラバン上映会や上映料は http://sisterwave.exblog.jp/i3
上映作品紹介は
http://sisterwave.exblog.jp/i5

連絡先は femi_fuji@mbox.kyoto-inet.or.jp

写真上「ギャラント・ガールズ」監督バーバラ・トイフェル(ドイツ)
  下「30年のシスターフッド」監督山上千恵子/瀬山紀子(日本)

ふじみつこ(波をつくる女たち・メンバー、ファイトバック世話人)
[PR]
by fightback2008 | 2005-04-24 06:53 | ファイトバックの会・大阪以外
4月14日、VOICEが報道した三井さん「解雇」事件について下のホームページで読めます。
http://mbs.jp/voice/special/200504/0414_1.shtml
[PR]
by fightback2008 | 2005-04-24 06:40