館長雇止め・バックラッシュ裁判の情報をお伝えします


by fightback2008
カレンダー

<   2004年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

支援の輪を広げます

留守にしていて返事が遅れました。
もちろん「裁判を支える会」の呼びかけ人になります。
大変な決意をなさったと思います。頑張ってください。
友人や知人にメールを郵送し、支援の輪を広げます。

伊籐 倶子(いとう ともこ)(兵庫県芦屋市議)
[PR]
by fightback2008 | 2004-12-31 20:33 | 応援メッセージ
女たちの熱い運動が、なし崩しにされていかないように今、
マリ子さんのパワーで時代に楔を打ってください。
応援しています。

渡辺みえこ(詩人)
[PR]
by fightback2008 | 2004-12-31 20:33 | 応援メッセージ
時間がなく、訴状にざっと目を通しただけです。でも、豊中市でどんなに不当なことが行なわれてきたかまた、三井マリ子さんが、どんなに大きな決心をされたかはよくわかりました。この裁判は、私のための裁判でもあると思います。何ができるかわかりませんが、ぜひ仲間にいれてください。一緒にできることをします。

阿部悦子 (愛媛県議) http://www.muse.dti.ne.jp/~hiroba/
[PR]
by fightback2008 | 2004-12-31 20:32 | 応援メッセージ
この訴訟は、三井マリ子さんだけの問題、豊中市だけの問題ではなく、この国に生きるわれわれの問題だと思います。必要であれば、応援に駆けつけます。

京野 公子(秋田県議) http://www.ham-chan.jp/
[PR]
by fightback2008 | 2004-12-31 20:31 | 応援メッセージ
三井マリ子さんの訴状を見て、仕組まれた解雇だった事が良く分かりました。
勝てることを確信してがんばってください。
応援しています。

岩瀬志津子(Weの会会員)
[PR]
by fightback2008 | 2004-12-31 20:30 | 応援メッセージ

1.29集会チラシ


1.29集会のチラシができました!
ファイトバックの会HPからダウンロード可能です。
[PR]
by fightback2008 | 2004-12-31 07:29 | 集会開催のお知らせ

代表からのメッセージ

          館長雇止め・バックラッシュ裁判を支援する会
                       代表   上田 美江 (スペースえんじょ)

  2004年を象徴する語は「災」だったが、まさか我が三井マリ子さんがその標的になるとは。これは人災です。生け贄にされたのです。ぜったい許すわけにはゆきません。

 よくぞ提訴に踏み切ったことよ、とその勇気と決断を称えます。

 どれだけ多くの先輩、姉妹、仲間が、この手のバックラッシュ攻撃の餌食にされてきたことか。その狡猾さ、卑劣さになす術もなく立ちすくむしかなかった彼女らの、呻きや叫びが聞こえます。場合によっては命がけ。人間性を壊されかねないところへまで追い詰められるのですから。

 女性の被害に傍観は許されません。傍観は加害者に有利に働きます。

 三井さんを雇止めした理由が「非常勤館長廃止の組織変更」ただそれだけだなんて、笑止千万ではありませんか!

 本当の理由はお役人のことなかれ主義でしょう。彼らは、ファシズムにかぶれた女性差別主義者の暴言に振り回されて、闘うのをあきらめたのです。

 残念でならないのは、そのお役所体質にメスを入れ、男女共同参画推進逆行に歯止めをかけなければならなかった理事たちの不勉強、人権感覚の欠如です。

 わがシェルターの名前は『スペースえんじょ』ですが、2005年は三井マリ子さんの裁判を勝ち取るべく『スペース炎女』になるつもりです。不知火のごとく炎を燃えひろげようではありませんか。
[PR]
by fightback2008 | 2004-12-27 20:28 | 応援メッセージ
2005年1月29 日(土) 14時~17時
クレオ大阪中央 4F 多目的室
大阪市天王寺区上汐5丁目6番25号   TEL 06-6770-7200

報告者 
三井マリ子(すてっぷ初代館長)
寺沢 勝子(弁護士)
大野 町子(弁護士)
川西 渥子(弁護士)
WWNのみなさん   ほか

大阪府豊中市は男女平等に反対する勢力・バックラッシュに屈して、女性センターすてっぷ館長の三井マリ子さんを雇止めしました。三井さんは、その不当性を訴えるために裁判を起こしました。
女性弁護士の皆さんで強力な弁護団も結成され、昨年12月大阪地裁に提訴しました。
私たちは三井さんを応援する会を立ち上げました。
その初報告会を開きます。ぜひご参加ください。

主催 ファイトバックの会(代表 上田美江[スペースえんじょ])
連絡 大野協同法律事務所
       Tel 06-6365-5215    Fax06―6365-5550
クレオ大阪中央館地図
[PR]
by fightback2008 | 2004-12-27 14:29 | 集会開催のお知らせ
バックラッシュなどと、新しい言葉で表現していますが、中身は単なる弱い者イジメそのものではありませんか。がっかりというか、全くうんざりします。
最初は三井さんのような方にもイジメがあるのかと、不思議に思いました。だって三井さんは全国的に力のある人だから、敵に回すと大変でしょう。全くの素人考えですけれど。でも、その次に思ったのは、三井さんだからイジメられるのだ、ということ。
腹が立つのは、こうしたバックラッシュに三井さんと身近に働いていた女性が協力、加担しているということ。信じられないです。だから女性が馬鹿にされるのです。でも、これに類似した事件は山ほどあるのでしょうね。三井さんの正義感と勇気に大いなるエールを送ります。

そこで私のできること。
ひとつ。地域の人にこの裁判に関心を示し、成り行きを注目しようと呼びかけること。
ふたつ。ささやかですが、資金カンパします。振込口座等でき次第、送金します。
みっつ。大阪在住の同級生に集会・傍聴の協力をお願いします。

私のこれまでの人生で、幸か不幸か裁判所に出入りするということはありませんでした。裁判所で傍聴の経験もまた良しか!と思います。そのうち傍聴席の片隅で覗かせてもらうかも知れません。

道正志津子(元公民館職員)

by fightback2004 | 2005-01-27 21:47 | 応援メッセージ | Trackback
[PR]
by fightback2008 | 2004-12-27 01:19 | 応援メッセージ
   館長雇止め・バックラッシュ裁判を支援する会
                       代表   上田 美江 (スペースえんじょ)

  2004年を象徴する語は「災」だったが、まさか我が三井マリ子さんがその標的になるとは。これは人災です。生け贄にされたのです。ぜったい許すわけにはゆきません。

 よくぞ提訴に踏み切ったことよ、とその勇気と決断を称えます。

 どれだけ多くの先輩、姉妹、仲間が、この手のバックラッシュ攻撃の餌食にされてきたことか。その狡猾さ、卑劣さになす術もなく立ちすくむしかなかった彼女らの、呻きや叫びが聞こえます。場合によっては命がけ。人間性を壊されかねないところへまで追い詰められるのですから。

 女性の被害に傍観は許されません。傍観は加害者に有利に働きます。

 三井さんを雇止めした理由が「非常勤館長廃止の組織変更」ただそれだけだなんて、笑止千万ではありませんか!

 本当の理由はお役人のことなかれ主義でしょう。彼らは、ファシズムにかぶれた女性差別主義者の暴言に振り回されて、闘うのをあきらめたのです。

 残念でならないのは、そのお役所体質にメスを入れ、男女共同参画推進逆行に歯止めをかけなければならなかった理事たちの不勉強、人権感覚の欠如です。

 わがシェルターの名前は『スペースえんじょ』ですが、2005年は三井マリ子さんの裁判を勝ち取るべく『スペース炎女』になるつもりです。不知火のごとく炎を燃えひろげようではありませんか。
[PR]
by fightback2008 | 2004-12-27 00:16 | 応援メッセージ