館長雇止め・バックラッシュ裁判の情報をお伝えします


by fightback2008
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:よくある質問( 24 )

最近、賛同人になった方、この裁判についてもっと知りたい方へ:

ファイトバックの会HPから「第一審の記録」をクリックするとこれまでの全情報が見られます。

また、遠山日出也さんの会心の作もとても参考になります。

ファイトバックの会Webチーム
[PR]
by fightback2008 | 2008-02-16 14:07 | よくある質問

控訴審って?

b0159322_21285096.jpg

Q: 控訴審って、高裁のことですか?
A: ハイ、控訴した事案を審議する裁判のことを言います。地裁が第1審でしたので、第2審ともいいます。

Q: 大阪高等裁判所はどこにあるんですか?
A: 大阪地方裁判所と同じところにあります。梅田から地下鉄淀屋橋駅下車、徒歩7分です。地図。住所は大阪府大阪市北区西天満2-1-10。

Q: あ、昨年11月に「天高く・・・デモ」をしたあたりですね。
A: ピンポーン!

Q: 三井さんの裁判は2月26日と聞いたのですが、昨年9月に判決があってから5ヶ月以上もたってます。ずいぶん間があいてますね
A: えー、そういえばそうですね。最初12月の予定だったらしいです。でも、三井さん側の弁護団が、あまりに事案が複雑で証拠書類も多いから、と2月に延期してもらったと聞きました。

Q: ところで、裁判長は地裁とは変わるんですか? 
A: 高等裁判所の裁判長はHPに載ってます。三井さんの事件は民事11部ですので、塩月秀平,菊池徹,辻本利雄,鈴木陽一郎さんです。

Q: 住友裁判も地裁で敗訴でしたが、高裁では勝利和解でした。そこに至ったのは、井垣敏生さんという人権派の裁判長だったと聞いてますが?
A: 井垣さんの名は後世に残りますね。でも、彼だけではなく、各テレビや新聞が大きく何度も報道した事件でしたので、世論の盛り上がりが大きく影響したということです。

Q: 館長雇止め・バックラッシュ裁判も、朝日新聞(東京12.29、大阪1.15)に掲りました。ダメですか?
A: あれだけでは・・・。もっと、この裁判の社会的意義を記者が注目するように、私たちが根気強く説明していくしかないでしょう。
[PR]
by fightback2008 | 2008-01-26 01:32 | よくある質問

日本弁護士連合会って?

Q: 朝日新聞で、声欄の折原由紀子さんの記事を読みました。折原さんが訴えたのは裁判所ではなく、日本弁護士連合会だったということですね。

A: そうです。裁判所に提訴する前に弁護士に相談に行ったのです。

Q: 日本弁護士連合会って何ですか。

A: 日本弁護士連合会は、日弁連とよく呼ばれている組織です。「弁護士法」に基づいて1949年9月1日に設立された弁護士による大きな組織です。全国には52の弁護士会があり、弁護士はそこにみな入っています。その各地の弁護士会のさらなる連合組織といえます。

Q: すると、弁護士ならみな入るんですか。

A: はい、そうです。弁護士は、各地の弁護士会に入会すると同時に日弁連にも登録しなければなりません。

Q: すると、日本全国すべての弁護士の集まりが日弁連ということですか。

A: そのとおりです。

Q: 弁護士たちの総本山というわけですね。

A: といえますね。いろんなテーマを扱っています。たとえば、日弁連には「日弁連両性の平等委員会」という委員会があります。

Q: 男女平等のために活動しているんですね。

A: はい、そうです。三井マリ子さんの訴訟代理人寺沢勝子弁護士をごぞんじですか。寺沢さんは、その日弁連両性の平等委員会の委員長でした。

ファイトバックの会Webチーム
[PR]
by fightback2008 | 2007-10-11 11:03 | よくある質問
Q: 控訴(こうそ)するかしないかは、原告の三井さんが考えることだ、と聞きました。控訴って何ですか。

A: 第一審の判決に納得がいかない場合、その上の裁判所に訴えることです。三井さんの場合、地方裁判所が判決を出しました。それで、この判決に納得できない場合、高等裁判所に申し立てることをいいます。

Q: 高等裁判所で、もう一度いろいろ調べるのでしょうか。

A: もう一度、始めから審理をしなおすわけではありません。他に調べるべき重要な証拠があったときにのみ、審理をしなおします。ですから、控訴理由を書いた書面を提出しただけで終わりになってしまうことが多いと言われています。

Q: エーッ、すると、また敗訴の場合があるわけですね。

A: ええ、そうです。

Q: 先のことを言って申し訳ありませんが、高等裁判所で敗訴だったら、さらに上に訴えることができますか。

A: ええ、最高裁に訴えることもできます。それを上告(じょうこく)といいます。国民の権利保障を慎重に行うために、原則として、三審制が設けられています。 でも、「上告理由にあたらない」として上告が棄却される場合がほとんどだということです。

Q: すると、だいたいの場合、高裁が最後の裁判所って考えていいわけですね。

A: はい、そうです。

Q: 三井さんは、今、弁護団と相談中だということですが、締切があるのですか。

A: はい、控訴をするには、その理由を書いた控訴趣意書を裁判所に提出しなくてはなりません。それも判決が出されてから14日以内に。

Q: エーッ、そりゃ大変だ。控訴しなかったらどうなるんでしょう。

A: 9月12日の判決内容で決まり、ということです。

Q: エーッ、これも大変だ。

ファイトバックの会
[PR]
by fightback2008 | 2007-09-15 17:36 | よくある質問
「館長雇止め・バックラッシュ裁判」の意味がよくわからない、という質問をいただきました。

雇止め(やといどめ)について説明します。

雇止めとは、正職員の解雇にあたることばです。1年とか半年というように期間が決められて働く非常勤職員が、何回も契約更新を続け、雇用されていたのに、突然、「契約を更新しません」と、退職させられることです。

ところが、3回以上契約更新をすると期間の定めない雇用契約とみなされることがあります。その場合、契約更新しない場合は解雇と同じで、合理的な理由がない限り解雇権の乱用となり、これは違法なのです。

「館長雇止め」とは、館長という管理職のトップが非常勤職員であり、その館長が雇止めされたということです。つまり三井さんは館長でしたが、非常勤として雇われていたのです。1500万人いるとされる日本の非常勤職員は、正職員と同じ仕事をしていても、三井さんのように雇止めにあうなど不安定な雇用を強いられています。

次に、バックラッシュについて。

バックラッシュは英語のbacklashのカタカナ表記で、反動とか逆流とかいう意味です。米国における女性解放への組織的攻撃に関するベストセラー『バックラッシュ』(スーザン・ファルーディ 1991)により男女平等への反動的な攻撃を指すようになりました。男女平等の潮流を逆流させるような現象は世界中で起こっています。

大阪府豊中市でも、市議会議員やその関係者・団体が、すてっぷや三井さんに執拗にバックラッシュ攻撃をしてきました。議会で、すてっぷ窓口で、地域で・・・・。

こうした勢力は、ジェンダー(社会的性)とセックス(生物学的性)をあえて混同し、同じ「性差」と訳します。そのあげく、男女平等を推進する人たちを「学校でトイレや更衣室を男女で一緒にし、社会制度を破壊する連中」などと触れ回ります。

豊中市議会には、バックラッシュ攻撃をする議員がいました。市は、当初、バックラッシュ攻撃に対峙する姿勢を見せていました。その後、その圧力に屈し、三井さんを排除することで、ことを収めようとしたのです。

この裁判は、非常勤職員差別とバックラッシュに反撃する重要な裁判です。バックラッシュが法廷で裁かれるのは日本初のことです。

ついでに、この会の名「ファイトバック」は、英語のfightbackのカタカナ表記で、反撃という意味です。スポーツによく使われています。でも、ここでは、  Women fightback, We won’t go back! –女たちは闘う、決して後戻りはしないーという意味で使われています。

ファイトバックの会Webチーム
[PR]
by fightback2008 | 2007-09-04 15:57 | よくある質問

「陳述書」って何ですか

Q: 「陳述書」、「ちんじゅつしょ」という聞きなれない言葉が飛び交ってます。いったいなんですか

A: 陳述書とは証人調べに代わるもの、補充するものです。つまり、証拠として裁判所に提出される文書です。関係者を全部調べるとなると裁判に時間がかかるので、実際には最小限の人しか証人として採用されません。それに代わって、陳述書を書くのです

Q: ということは、三井さんの「陳述書」は、三井さんが証人として出廷することは決まってますから、証人調べを補充する文書なんですね。

A: はいそうです。伊田広行さんの「陳述書」は、伊田さんを証人として原告が申請したのですが、採用されなかったため、証人調べに代わって書いた文書です。

Q: 市長(当時)と桂館長を何度お願いしてもまだ採用は認められてないようですが、2人が証人とならないと決まった場合、その・・・陳述書を書くことになるんでしょうか

A: さあ、どうでしょう。被告側は、市長も桂館長も、本郷部長や山本事務局長の証言で十分だから不要、としてますので・・・。でも三井さんの弁護団は、これからも2人を証人にと要望していくようです。ところで裁判用語は、下のサイトがわかりやすいです。
http://www.jiyugaoka-law.com/techterm.html
[PR]
by fightback2008 | 2006-06-26 18:52 | よくある質問
Q: 豊中市の市長が三井さんを全国公募で選び、三井さんを正当な理由もなく
すてっぷから排除した最終責任者は市長ですよね。
A: はい、そうです。
Q: なぜ、その市長が証人とならないのですか。
A: 原告側は二人が証人として必要だと、何度も要求してきたんですが・・・ 
Q: 裁判所が、いらないと決めたんですか
A: まだ決まってはいません。三井さんの証人調べが10月30日にあり、
    その後、市長が証人に必要かどうか検討して決めるという「保留」状態なんです。
Q: 三井さんの後任となった、すてっぷの桂現館長はどうですか。
A: 桂現館長も同じです。三井さんの出廷後に検討となっています。
Q: 「訴状」「準備書面」「三井陳述書」を読むと誰でもわかりますが、
    すてっぷ現館長が出廷してありのまま話してくれたら、解決が早そうですね
A: そうです。でも、被告側は「現館長である桂容子の尋問事項もまた、山本瑞
枝及び本郷和平でもってすべてまかなえるものである」などとして、「同人(桂
容子館長)を尋問しなければならない必要性は乏しい」と、主張しています。
Q: 何が何でも、法廷で桂館長に話させたくないという強い意志を感じますね(笑)
A: お二人の証人が絶対必要だという三井さん側の主張は、ホームページでも
アップしてますのでごらんください(↓)。裁判所に提出した書面だけでも3回。
ほかに口頭でも要請してきています。

  http://fightback.fem.jp/risyokeikaku.pdf
  http://fightback.fem.jp/05_12_26jinmon.pdf
  http://fightback.fem.jp/06_02_20jyousin.pdf
[PR]
by fightback2008 | 2006-06-13 21:59 | よくある質問
Q:これまで何度か傍聴に行きましたが、今度の5月22日は何回目ですか

A:11回目になります。でも、実際は4月17日が中止だったので10回目ですね。ホームページに口頭弁論の日程をまとめてありますよ

Q:えーっと、どこにあるんですか

A:http://fightback.fem.jp/botyo_mokuji.html です

Q:表紙の「口頭弁論の日時」ですね

A:そうです。行われた順に整理してみますね。
1)第1回口頭弁論  2005.2.2(水)
2)第2回口頭弁論  2005.3.14(月)
3)第3回口頭弁論  2005.5.9(火)
4)第4回口頭弁論  2005.7.4(月)
5)第5回口頭弁論  2005.8.24(水)
6)第6回口頭弁論  2005.9.28(水)
7)進行協議期日   2005.11.14(月) 公開ではないとして傍聴不可
8)第7回口頭弁論  2005.12.26(月)「弁論準備期日」だから傍聴不可と言われたが、
              傍聴できるようにしてほしいと要望して「口頭弁論」に変更
9)第8回口頭弁論  2006.3.15(水)
10)第9回口頭弁論  2006.4.17(月)証人への尋問の予定だったが閉廷となり中止
11)第10回口頭弁論 2006.5.22(月) 証人への尋問
12)第11回口頭弁論 2006.7.3(月)証人への尋問

Q:すごい回数ですね。毎回傍聴に来ている方がいるんでしょうか

A:4月17日は10回目でした。中止になったので実際は5月22日は10回目となりますね。一日も欠かさず大阪地裁まで足を運んでくださったいる方が大勢います。ほとんど傍聴席が満席になっているようです

Q:だから小法廷ではなく大法廷にしてほしい、と要望しているんですね

A:そのとおり。大法廷が使われているならやむをえないでしょうが、空いているなら使わせるべきです。大法廷なら記者もはいれますし、傍聴希望者を失望せずにすみます

Q:傍聴者が多いと裁判官も引き締まっていいのではありませんか

A:ふつうはそうですよね。なぜ小法廷にこだわるのかを弁護士が何度も聞いているのですが、裁判長は理由を明かしてくれません・・・

Q:ヘンですね

A:弁護団には、似たような事件で大法廷を使ったことがあるため、なんで三井さんの事件だけ小法廷なんだ、と怒っている弁護士もいるようです

Q:5月22日、休暇をとって地裁まで足を運びますのでどうぞよろしく

ファイトバックの会Webチーム
[PR]
by fightback2008 | 2006-05-07 02:26 | よくある質問
Q:いまさら恥ずかしいのですが・・・、教えてほしいことがあるんですが。

A:いえ、いえ、どんな質問でもどうぞ。こちらもみな仕事を持ちながらのボランティアですので、行き届かないことがテンコもりですので・・・。何でも質問やご意見をどうぞ。ただし、お名前を名乗ってください。

Q:わかりました、最低限のルールですものね。でも、僕の名を出されると困るのです。

A:名前を出してもOKという人以外は、Webに出すことはありませんので、ご安心を。

Q:あの~では・・・「ファイトバックの会」って何ですか?

A:いきなり、きましたね(笑)。ファイトバックの会は「館長雇止め・バックラッシュ裁判」を支援する会の略称です。つまり、ファイトバックの会は、三井マリ子さんが原告となって起こした裁判を支援したいという思い を持つ方たちのための場です。
 ファイトバックはFightbackのカタカナ表記で、「反撃」という意味の英語です。男女平等を進める世界的潮流に逆流する組織的・継続的動きを、バックラッシュBacklashといいますが、その動きに負けないぞ、という意味でつけられました。
 この趣旨に賛成し、三井マリ子さんや三井さんの代理人となっている弁護団を支えようという方は、ぜひ賛同人になってください。
 下をクリックすると、代表名、副代表名、住所など詳しい説明と、どうしたら賛同人になれるかがわかります。
 http://fightback.fem.jp/yobikake.html

Q:よくわかりました。ありがとうございます!
[PR]
by fightback2008 | 2006-04-25 16:40 | よくある質問
 wikipediaによると・・・・・

 豊中市(とよなかし)は、大阪府北部の北摂地域に位置する市。
 大阪都心から15km圏内にあり、大阪都市圏の近郊都市、ベッドタウンとして、昭和30年代から千里ニュータウンの開発が急速に進んだため、下水道などの都市基盤設備の整備率は高い。
 交通面でも、阪急電鉄、北大阪急行電鉄と阪急バスによる公共交通網、中国自動車道 、名神高速道路、阪神高速池田線、新御堂筋をはじめとする幹線道路網、それに市北西部の大阪国際空港(伊丹)の存在など、至便の地である。
 概ね、阪急宝塚線の旧豊中エリア、地下鉄御堂筋線の延長である北大阪急行電鉄の千里地区に分けられる。高中級住宅地の北部、旧市街地の中部、商工業地の南部に分かれる。北東部の一角を日本初のニュータウン、千里ニュータウンが占める。 
人口389,936人。


ファイトバックのWebチーム
[PR]
by fightback2008 | 2006-04-25 00:02 | よくある質問