館長雇止め・バックラッシュ裁判の情報をお伝えします


by fightback2008
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:女性の労働問題( 7 )

電子部品製造「日本オートマチックマシン」(東京都大田区)の元社員宮本征子さん(61)が約 17年にわたって、女性ゆえの賃金差別を受けたとして同社に給与差額など計約 6,800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、横浜地裁(吉田健司裁判長)は 23日、同社に約 1,900万円の支払いを命じた。

同社は、社員を1~6等級に分類し、給与額を決定。03年当時の宮本さんは4級に分類され、月額給与は約29万6000円。これに対して、同年代で同じ4級の男性10人の平均月額給与は35万円で、男性には月5万4000円多く支払われていた。

http://job.yomiuri.co.jp/news/jo_ne_07012416.cfm
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070124-00000145-mailo-l14
リンク切れです

ファイトバックの会Webチーム
[PR]
by fightback2008 | 2007-01-26 10:47 | 女性の労働問題
1月20日、「働く女性のための全国センター」が発足。
韓国YMCA国際ホール (JR水道橋駅徒歩6分)で発足パーティが開かれました。全国から200人ほどが集り、大盛会でした。

TBSの19時44分のニュース番組に報道されました。
WWNの石田さん、白藤さんなどが映っていたそうです。女性ユニオン東京の伊藤みどりさん、WWNの越堂静子さんが中心になって準備に奔走しました。
以下は呼びかけ文。

■私たちは,私たちが生き延びるために,働く女性のための全国センターをたちあげます。1年間1000円の会費が,働くあなたの保険です.コーヒー3杯分の会費で,働く女性の権利獲得,法整備の仕事,調査研究,裁判支援,情報提供活動,事務所の維持運
営,女性たちのネットワーク活動ができます.もしも不当な解雇通告を受けたら,もしもひどいセクハラ被害で会社に行けなくなったら,もしも賃金が支払われなくなったら,全国の女性たちが,あなたを支えます.あなたも一緒に考え,行動しましょう。

http://acw2.org/

集会参加者
[PR]
by fightback2008 | 2007-01-22 09:06 | 女性の労働問題
「均等法」改正に当事者の声を!
WWN越堂静子さんからの呼びかけです。

「均等法」改正に当事者の声を届ける行動を起こしましょう。院内集会が開かれます。
1 2月14日(火)午後1時から2時
2 場所 衆議院第一議員会館 第4会議室
3 発言者 女性労働者 4名
4 出席依頼者 衆参両院女性議員、厚生労働委員会委員、労働政策審議会均等分科
  会委員、厚生労働石井課長

1月27日には雇用均等分科会で法案要綱が提案される予定です。働く女性たちの声をどうしても、法改正に反映させなければなりません。院内集会第三弾にどうぞ、一人でも多くの参加をお待ちしています。

共同行動「均等法」改正に当事者の声を
http://www.geocities.jp/kintokaisei/index.html
[PR]
by fightback2008 | 2006-01-25 20:02 | 女性の労働問題
草津市セクハラ:臨時職員という弱い立場の人にしわ寄せ

 草津市のセクハラの件、私も同市在住なので、市役所に以下のような拙い要望のメールを送ってみました(抗議先のアドレスはwebチームの方にわざわざ調べていただき、23日付ブログに掲載していただいてます)。他市の方も、一言でよいそうですから、メールをお送りくださいませ。

  最近インターネットのあるブログで、わが市の市役所の昨年のセクハラの問題が取り上げられていました。そこで、私もこの件を報道した『毎日新聞』の記事を読んでみました。
  その記事を読んで、私は、セクハラ対策自体はたぶん以前から市役所でもやってこられただろうにもかかわらず、なぜこのようなことが起こったのだろうか? 誰か止められなかったのかな? と思いました。また、とても気になったのは、被害者の臨時職員の方がお辞めになっていることです。
  私は草津市立図書館をよく利用させていただきますが、そこでも臨時職員らしき方がたくさん働いておられます。きっとかなり安い給料で、不安定な条件の下で働いていらっしゃるのだと思いますが、それにもかかわらず利用者の私たちに親切にしてくださいます。
  詳しい経緯は知りませんが、結果としてこうした弱い立場の方、しかも被害者の方にしわ寄せが行っているのは残念だし、道理に合わないように感じたのです。
  ぜひ市役所におかれましては、「いままでのセクハラ対策に不充分な点がなかったか?」「なぜ被害者の退職という結果になったのか? それを防ぐことはできなかったのか?」といった点を十分に検討され、今後二度とこうしたことが起こらないようなセクハラ防止の方針を立てられるようにお願い申し上げる次第です。

遠山 日出也 (草津市民)

草津市のセクハラや問合せ先はこちらを http://fightback.exblog.jp/3418254/
[PR]
by fightback2008 | 2006-01-24 14:37 | 女性の労働問題
草津市のセクハラと非常勤雇用

ブログにたびたび登場する平山みどりさんは、社内のセクハラ対策委員会に上司のセクハラを訴えたら、逆に首にされました。非常勤だったからです。草津市で似たような事件が起きているようです。被害者である女性は、非常勤というその低い地位ゆえに職を去り、一方加害者の課長たち(男性)はほんの減給。許しがたい女性差別です。詳しくは↓
 (毎日新聞の報道)

真偽を確かめるなど自分の声を届けたい方は
◆草津市役所総務課・・・人事など
somu@city.kusatsu.lg.jp
TEL 077-561-2302 FAX 077-561-2483
◆草津市まちづくり課・・・男女共同参画担当
machi@city.kusatsu.lg.jp
TEL 077-561-2338 FAX 077-561-2482
◆草津市秘書課・・・市長
hisho@city.kusatsu.lg.jp
TEL 077-561-2303 FAX077-561-2483

ファイトバックの会Webチーム
[PR]
by fightback2008 | 2006-01-23 14:26 | 女性の労働問題
セクハラに立ち向かう女性の映画を観て

アカデミー賞女優のシャーリーズ・セロン主演のセクハラ集団訴訟の事実に感銘を受けて作成された、セクハラ裁判をたった一人で始めたシングルマザーの映画を急遽見に行きました。ぜひ見てほしい、考えさせられる映画でした!残念なことに、たった2週間しか放映されません。地味だけど女性は皆共鳴できると思うし、元気をもらえる映画。私も見終わっていい気分だったし、がんばりたくなりました >^_^<

平山 みどり(公益社・セクハラ・雇い止め裁判原告)

映画「スタンドアップ」ホームページ http://wwws.warnerbros.co.jp/standup/
写真は映画の原作となった本『集団訴訟(Class Action)』(クララ・ビンガム/ロラー・リーディー・ガンスラー著 竹書房文庫)
[PR]
by fightback2008 | 2006-01-20 14:10 | 女性の労働問題
b0159322_1291992.jpg『女たちのオルタナティブ パートに均等待遇を!』を読みましたか?

東京都中野区女性会館に働いていた平川景子さんが間接差別の撤廃に向けて法廷で闘った記録です。平川さんは非常勤職員。常勤職員と遜色のない働き方をしてきました。しかし、その報酬は著しく異なっいました。数字で表すと勤務時間は4分の3、賃金は3分の1以下。

平川さんは語ります。「男女平等、女性の地位向上、男女共同参画などのスローガンを掲げていながら、当の女性施設が非常勤職員である女性たちによってその業務の基幹的部分を支えられており、その人たちが一般行政職に比べ不当に低い賃金で雇われていた」

館長雇止め・バックラッシュ裁判を闘い・支える私たちにとって、いや、1500万人とも言われる非正規労働者にとって必読の書といえます。なお、平川さんの裁判は和解で解決しています。その情報はホームページから。

http://homepage2.nifty.com/hijokin/
『女たちのオルタナティブ パートに均等待遇を!』(編集:平川 景子など、明石書店、2005)

ファイトバックの会
[PR]
by fightback2008 | 2005-09-10 12:07 | 女性の労働問題