館長雇止め・バックラッシュ裁判の情報をお伝えします


by fightback2008
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:裁判情報2004( 2 )

2004年12月17日 大阪地裁司法記者会見用訴状要旨


雇止め、採用拒否に対する損害賠償請求事件

1 原告 三井マリ子
  被告 豊中市/財団法人とよなか男女共同参画推進財団

2 請求金額 1200万円(1000万円は慰謝料、200万円は弁護士費用)

3 豊中市 男女共同参画推進センター条例制定(平成12年3月31日公布)
      「とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ」平成12年9月1日設立
  原告  被告財団に平成12年9月1日、すてっぷ館長として採用。館長として勤務
       平成16年2月25日 常勤館長としての採用拒否
       同年3月31日    雇用期間の到来を理由とする雇止め

この雇止め常勤館長採用拒否に対する損害賠償請求事件

4 原告は全国公募で採用され、雇用期間を当初は平成13年3月31日まで、その後は 
1年ごとに契約を3回更新されてきた

5 本件雇止め採用拒否の狙い
(1)バックラッシュへの屈服
     バックラッシュ 伝統的な性別役割分担を固執し、男女平等の推進を阻もうとする
     勢力の動き

豊中市でのバックラッシュ攻撃例 
・「ジェンダーフリーの危険性を学ぶ」をテーマにするすてっぷの貸室申込み/・男女共同参画推進条例審議時の条例案について、「男らしさ、女らしさ」の強調、男女平等に隠された家族、道徳解体の革命戦略などとする批判/議会でのすてっぷの貸室申込み、すてっぷの蔵書・選定者への批判/・ すてっぷ主催の講座への議会での批判/・ 原告の講演会「男女共同参画イロハのイ」での妨害/ ・ 「館長を出せ」などの嫌がらせ/原告を誹謗する根も葉もない噂を流す

      豊中市は当初はこのような動きに対峙する姿勢であったが、平成15年秋頃
      から原告を排除する姿勢に転換
(2)非正規職員の雇止め
     平成15年5月以降豊中市は財団の事務局長を通じて就業規則を改定し更新回
      数の上限を4年とすることを画策し、強行しようとした

6 豊中市による財団の組織体制の変更
平成15年11月     非常勤館長廃止、館長・事務局長の一本化案 
                第1義的には三井さんです
平成15年12月     館長職廃止案の提示
平成16年 1月     理事会の臨時総会開催通知:原告の実績を評価し、館 
               長職常勤化提案
       2月22日  形だけの面接での常勤館長採用試験
         25日   原告には不合格通知(平成15年12月には新館長は
               豊中市が桂氏に内定していた)

7 本件訴訟を起こしたのは
  ●全国で相次いでいるバックラッシュに屈せず男女平等を推進したい
  ●原告の雇止めも含め非正規職員の雇止めをさせない(全国で非正規雇用
   が広まっており、不安定な地位、低い労働条件は実質的男女差別になっている)
[PR]
by fightback2008 | 2004-12-20 20:27 | 裁判情報2004
2004年12月17日14時-15時
大阪地裁 提訴・記者会見のようす

三井マリ子さんは、大阪府豊中市の「とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ」非常勤館長。
全国公募で60人以上から選ばれました。ところが、2004年、2月、市は館長を非常勤から常勤と変え、それに応募した現職館長の三井さんは採用されませんでした。三井さんはこの“解雇”を不当として提訴しました。
市は三井さんの更新を繰り返してきたのですが、男女平等を敵視する市議や関係団体からの圧力に屈して、三井さんを排除する画策をするようになったのです。   
弁護団は女性7人。4万字にのぼる訴状を大阪地裁に提出しました。 提訴の後、司法記者クラブで会見しました。
前の写真は、ふじみつこさん撮影。右から、宮地光子弁護士、川西渥子弁護士、寺沢勝子弁護士、三井マリ子さん(原告)、島尾恵理弁護士。隠れて見えませんが、右端に大野町子弁護士が同席。ほか、石田法子弁護士、乗井弥生弁護士です。

まず、島尾弁護士から紹介があり、寺沢弁護士が「訴状の要約」を次のように説明。
「慰謝料を請求する損害賠償事件。1200万円。被告は豊中市と市の財団。全国公募で選ばれた館長。更新がごく自然に3回なされてきた。ところが、突然、昨年秋、組織変更をして体制強化をするという案を出し、非常勤から常勤にすると言ってきた。理事会で非常勤館長をなくすこと、採用委員会を設けて次期館長を選任することを決めた。三井さんも受けたが不合格だった。実は、その裏で、すでに2ヶ月前の12月には次期館長を決めており、三井さんを最初から排除することが目的だった。
背景には、全国的な男女平等推進への反動的な動き―バックラッシュ―があり、その攻撃に市が屈したことがある。もうひとつ、非常勤職員の就業規則によれば、60歳の定年までよほどのことがない限り更新を繰り返せることになっていた。それを改悪し雇止めを予定していた市が、三井さんがいたら反対し抵抗されるという事情があった」

次に原告三井さんから。
「2003年秋ごろから、豊中市は、たびたび嘘をついたり、不確かな情報を与えて私を翻弄してきた。私はそれにできるだけ誠実に対応してきたが、最後に市は私を首にした。その背後にはバックラッシュが存在する。また、私は館長であったものの、非常勤で雇われていたことと関係がある。非常勤であることをいいことに、私を手玉にとって、ひねりつぶしたという感じだ。すてっぷの非常勤職員は全員女性であり、日本全体でも多くは女性。常勤と同じようなしごとをしても、今回のようにちゃんとした理由もなく首にされるなど不安定雇用にある。これは女性差別にあたる。提訴は、私自身のためでもあり、非常勤職員全体のためでもある」


その後、新聞記者からさまざまな質問が相次ぎました。司法記者は全員男性でした。また、川西弁護士から不当採用拒否・採用期待権について説明がありました。
宮地弁護士から女性の裁判基金の第1号であることについて説明がなされました。

          
BBM記
[PR]
by fightback2008 | 2004-12-17 20:24 | 裁判情報2004