館長雇止め・バックラッシュ裁判の情報をお伝えします


by fightback2008
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

訴えただけでも価値がある! 2人のマリコさんの裁判から

7月24日の京都の報告です。

主催者にとって思いのほかたくさんの方が来てくださり、ありがとうございました。

会場からの「裁判を持続する力はなんですか?」という質問に伊藤真理子さんは、「男女平等を信じているからでしょうね」と応えられました。
この言葉によって、会の主催者は、会をもてて良かったと満足を得られた会になりました。
きっと暑い中足を運んで来られた参加者も、来て良かったと思った方が多かったと思います。

伊藤さんは、相談員(カウンセラー)です。その仕事は根本に「社会をよくしていくこ と」ということがあります。それを信じて、誇りをもって仕事をして来た伊藤真理子さん、かっこ良かったです。

集会のタイトルは「訴えただけでも価値がある!」でした。
裁判に訴えることは「見えにくい問題を目に見える ものにすること」だと思いました。

Kamp!
Fight !
Fight back !

もう一度おふたりのマリコさんありがとう!

司会の二岡さんありがとう!

来てくれた皆さんありがとう!

簡単な報告です。 

ふじみつこ
[PR]
by fightback2008 | 2008-07-29 14:42 | ファイトバックの会・大阪以外